フランス料理シェフ・三國清三さんへのインタビュー#7:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 三國清三プロフィール

1954年 北海道に生まれる 1969年 15歳で料理人を志し、札幌グランドホテルにて修業を始める。その後、帝国ホテルに移り、修業を続ける。 1974年 20歳でスイスの軍縮会議日本政府代表部大使付きの料理長に就任。ローザンヌの「ジラルデ」、ロアンヌの「トロワグロ」など、スイス、フランスなどの三ツ星レストランで修業を重ねる。 四ッ谷に「オテル・ドゥ・ミクニ」を開店。 ルレ・エ・シャトー協会の世界5大陸トップシェフに選ばれる。 九州・沖縄サミット福岡蔵相会合の総料理長を務める。 またこの頃から、味覚を通して子供の感性を育てる「KIDSシェフ教室」を開催。以降、食育の普及に力を注ぐ。

“うちの味”を教える

日ごろお母さんやお父さんが自宅でできる食育ってなんでしょうか?

三國清三

「前にもお話したとおり、毎日スローフード的な食生活を維持するのは大変ですよね。なので休みの日など時間に余裕がある時でいいので、子供と一緒に食材を選び、時間をかけて食事を作ってほしいです。
ほかにも、直販で無農薬の野菜を買うとかね。生産者の顔がわかるものを選んでほしいんですよ。年に一回でもいいから、近くの農家に行って農家の人と直接話をして、野菜について教えてもらいながら買い物をするとか。
虫食いで不格好な野菜ってみんな敬遠するけど、そういうのも悪くない。虫が食わないものって農薬がたくさんかかっている場合もあるし、大きいものって水をやりすぎた水ぶくれの状態のものもあるんだよ。生産者はそういう事情もわかってるから、話を聞くのはとっても勉強になりますよ」

素材選びって本当に大切ですよね。では食卓ではどうでしょうか?

三國清三

「これも時間がある時でいいのですが、やっぱりお母さんと子供が一緒にごはんを作る、ですね。昔はおせち料理を作るために、おばあちゃん、お母さんと子供たちが家族総出で準備をしていました。それはまさに伝承の風景であり、日本人が忘れちゃいけない食卓の記憶なんですよ。
残念ながらそういう風景は今じゃなかなか見られなくなったけど、おせちじゃなくてもそれぞれの家庭にある、“うちの味”というのを子供に教えてあげてほしい。日本食を伝えるいい機会にもなるしね。あとは家族揃ってごはんを食べる。そうすれば好き嫌いが少なくなるはず。
昔は、おじいちゃんやおばあちゃんが『これ食べなさい!』って嫌いなものでも無理矢理食べさせていたでしょ?
個食・孤食だと、好きな物しか食べなくなってしまって、大人になっても味覚が幼児のままになってしまいますから、できるだけ一緒にごはんを食べてあげてください

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る