カーリングの魅力(本橋麻里選手):スクスクのっぽくん

プロに聞く! 本橋麻理プロフィール

1986年6月10日生まれ。北海道北見市(旧常呂町)出身。 12歳のときにカーリングを始め、15歳のときにジュニア年代の全国大会で優勝。17歳で日本代表入りを果たした。『チーム青森』のメンバーとして、2006年トリノ五輪、2010年バンクーバー五輪に連続出場して、カーリングブームの火付け役に。今年8月、『チーム青森』を脱退し、地元(旧常呂町)に新チーム『ロコ・ソラーレ』を立ち上げた。NTTラーニングシステム株式会社所属。

「選手同士のコミュニケーション」

のっぽくん
カーリングの魅力について聞かせてください。カーリングのここを見てほしい、と言うポイントはありますか?
本橋選手

「カーリングは、陸上のリレー競技と似ているところがあります。各選手は2回ストーンを投げて、次の選手につなぐ。実際にはバトンを渡すわけじゃありませんが、選手たちが助け合って、最後の点数獲得に向かっていきます。だから、カーリングを見るときは、選手どうしのコミュニケーションを見てほしいです。試合中はマイクもつけられているので、会話もじっくり聞いてみてください。あとは女性らしさを忘れないでやっているので、そこも見てほしいです(笑)」

のっぽくん
アイスの上での姿も、こだわっているところなんですね。
本橋選手

「カーリングはどれだけメイクしても、注意されない競技なので(笑)。女性としてのメイクの楽しみを忘れずに、アイスに立っています」

本橋麻里選手
のっぽくん
メイクするのは、ゲンをかつぐという意味もありますか?
本橋選手

「私はカチューシャすると調子がいいってよく言われるんですが、自分としては意識してないです。まあカチューシャで髪を上げると、視界が良好になって、調子がいいのかも(笑)。負けたときは、気分転換のために、ヘアスタイルやメイクを変えることもあります。あと、女性ならわかってもらえると思うんですが、メイクをバッチリすると気合も入る。カーリングは心理的なスポーツなので、目力がすごく大事です」

のっぽくん
対戦相手と目が合った瞬間に、何か感じるわけですか?
本橋選手

「私は絶対、目を離さないです」

のっぽくん
ガンを飛ばすみたいな感じですね。
本橋選手

「それで向こうがパッと目を離したら、相手は弱気だぞ、今日は勝ったって思います(笑)」

のっぽくん
そんなところで、戦いがあるとは。
本橋選手

「それがすごく大切です。試合の最初に対戦相手と握手するんですけども、コーチからは握手の仕方も指示されます。必ず相手の目を見て、ぎゅっと強く握れ、と」

のっぽくん
威圧するんですね。
本橋選手

「会場に入って来たときから、勝負が始まっています。だから、強く見せるために、なるべく1人で行動しないで、チームとして動くようにしたり。相手とトイレでばったり出くわしても、萎縮せずに挨拶していますよ」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る