カーリング日本代表・本橋麻里選手へのインタビュー:スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » カーリング日本代表・本橋麻理さん

プロに聞く! 本橋麻理プロフィール

1986年6月10日生まれ。北海道北見市(旧常呂町)出身。 12歳のときにカーリングを始め、15歳のときにジュニア年代の全国大会で優勝。17歳で日本代表入りを果たした。『チーム青森』のメンバーとして、2006年トリノ五輪、2010年バンクーバー五輪に連続出場して、カーリングブームの火付け役に。今年8月、『チーム青森』を脱退し、地元(旧常呂町)に新チーム『ロコ・ソラーレ』を立ち上げた。NTTラーニングシステム株式会社所属。

もう一段階強い選手になるために、情報量の多いところに身を置くのも必要かなと思います。(本橋麻里選手)

『チーム青森』のメンバーとして冬季五輪に出場して、カーリングブームの火付け役となった本橋麻里さん。氷上に立つ凛とした姿が話題になり、『マリリン』の愛称で一躍人気者になりました。北海道の大自然の中で育った本橋さんは、どんな子供時代をすごし、どうやって選手として成長していったのか、話を聞きました。

プロの子供時代がまるわかり!のっぽくんの一問一答!

プロの子供時代がまるわかり!のっぽくんの一問一答!

*子供のときにどんな遊びをしていましたか?
「まわりが大自然なので、外をかけまわっていました。たとえば、冬になるとみんなで雪山に登って追いかけっこしていました。ひたすら雪の斜面を登ったり、降りたり。今考えると、それが足腰を鍛えるトレーニングになっていたと思います」
*子供時代にはどんな食事をしていましたか?
「「私の地元(北海道の旧常呂町は)は海産物と農産物が溢れているところなので、海や山で取れた物をすぐに食べていました。ごはんにイクラをたっぷりかけて、がぁっとかき込んで食べたり(笑)。」
*試合前はどうやって気持ちを高めているんですか?
「基本的にマイナスのことを考えないですね。なるべく勝っているイメージを思い浮かべる。あとはアイスに入るときに、『楽しい』っていう気持を持つようにしています。私の場合、楽しいって思えれば、今日は大丈夫だぞ、と感じられるんです」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る