フランス料理シェフ・三國清三さんへのインタビュー#4:スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » フランス料理シェフ 三國清三さん » 「世界のミクニ」に聞く~味覚を育てることで、感性が開花する~

プロに聞く! 三國清三プロフィール

1954年 北海道に生まれる 1969年 15歳で料理人を志し、札幌グランドホテルにて修業を始める。その後、帝国ホテルに移り、修業を続ける。 1974年 20歳でスイスの軍縮会議日本政府代表部大使付きの料理長に就任。ローザンヌの「ジラルデ」、ロアンヌの「トロワグロ」など、スイス、フランスなどの三ツ星レストランで修業を重ねる。 四ッ谷に「オテル・ドゥ・ミクニ」を開店。 ルレ・エ・シャトー協会の世界5大陸トップシェフに選ばれる。 九州・沖縄サミット福岡蔵相会合の総料理長を務める。 またこの頃から、味覚を通して子供の感性を育てる「KIDSシェフ教室」を開催。以降、食育の普及に力を注ぐ。

味覚を育てる

三國さんが実践されている食育は、“味覚を育てる”ことを大切にしてらっしゃいますが、子供の成長と味覚にはどのような関係があるのでしょうか?

三國清三

味覚が育てば、感性が育ちます。舌には味蕾(みらい)という五味(甘、酸、苦、塩味、うま味)を感知する器官があるんですが、この味蕾から味が吸収されると脳が刺激されて、感性が研ぎすまされる。
感性が開花すれば子供たちは色々なものに“気づき”を感じるようになります。人を思いやる気持ちが芽生えたり、心が育っていくんです。それと味覚というのは精神面も成長をさせてくれるんですよ。みなさんも子供のころは苦いものやすっぱいものが食べられなかったと思うけど、大人になると不思議と食べられるようになっていたでしょ?
それって苦手だった味を克服したからできること。その経験が人生にも役立つんですよ。失恋や仕事での失敗といった厳しい現実も、克服する能力が身についていればちゃんと乗り越えられるはずです」

たしかに苦手だった味を克服した時は、自分も大人になったなと自信がつきました(笑)

三國清三

「逆にいうと、苦手な味を克服できないままでいると感性が育ちにくくなるので、人の気持ちがわからない子になる可能性もあります。子供って甘くてやわらかい食べ物が大好きだけど、困ったことに最近では大人でもそういう味を好む人が増えているんです。極論かもしれないけど、ニート問題などに代表される現代の社会問題は、味覚の幼児化により感性が成長していないからこそ起きてしまうのではないかと僕は思っています」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る