立花美哉さんと母の情熱:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 立花美哉プロフィール

1974年 京都府出身 1978年 水泳を始める 1998年 世界選手権デュエット・チーム2位 ソロ3位 2000年 シドニーオリンピック デュエット・チーム銀メダル 2001年 世界水泳 デュエット・チーム金メダル 2004年 アテネオリンピック デュエット・チーム銀メダル 現在現役を引退し、アメリカで指導者として勉強を重ねている

運命的な出会い 井村シンクロクラブへ

美哉さんがシンクロを始め、転機はすぐにやってきたと母・綾子さんはいう。井村雅代さんとの出会いだ。井村さんは78年からシンクロの世界選手権で日本代表のコーチを、さらに96年アトランタオリンピックからはヘッドコーチとして長年にわたり、日本のシンクロ界を牽引してきた立役者。その井村さんが週に一度だけ、講師として京都踏水会で指導を行っていたのである。当然、シンクロを始めたばかりの美哉さんは指導してもらえなかった。その井村さんに衝撃を受けたのはむしろ綾子さんのほうだった。

「美哉の練習をプールの上から見学しているときに井村先生を見かけ、背中に電気が走ったんです。その瞬間に、この先生に教えてもらいたいと思ったんです」

シンクロのことは、まったく分からないという綾子さんの直感だった。

「井村シンクロクラブに入れていただきたい、ぜひとも練習をさせていただきたいと手紙を書きました」

しかし、帰ってきた返事は『今はその時期ではない』という断りの内容。だが綾子さんは諦めてはいなかったという。

「一年後にもう一度手紙を書いたんです。そこで改めて井村先生の下で練習させていただきたいと伝え、井村シンクロクラブに入れていただくことになりました」

立花美哉さんの思い出の品

ついに井村シンクロクラブに通うことが出来た美哉さん。自宅から比較的近かった京都踏水会から、大阪の井村シンクロクラブへ。送り迎えなどは大変にはならなかったのだろうか。

「井村先生に教えていただこうと思ったときに、私は口出しせず、裏方に徹しようと決めていましたし、専業主婦でしたから、食事や送り迎えを大変だと思ったことはありませんでした」

美哉さん本人、そして何より綾子さんが惚れ込んだ井村さん。その時の綾子さんの情熱がなければ、今の美哉さんはなかったのかもしれない。

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る