バルセロナ五輪・銀メダリスト 有森裕子の父・茂夫さん 母・広子さんへのインタビューvol.6

プロに聞く! 有森裕子プロフィール

1966年 岡山県生まれ 1988年 日本体育大学を卒業後、(株)リクルートに入社 1992年 バルセロナ五輪で銀メダル 1996年 アトランタ五輪で銅メダル 1998年 NPO「ハート・オブ・ゴールド」設立 2002年 アスリートのマネジメント会社「ライツ」設立 現在、国連人口基金親善大使、日本陸連女性委員会特別委員などを務め、国際活動にも積極的に参加している その後、後輩の指導や講演など、様々な分野で活躍中!

目標を持つきっかけ

何かをするなら、必ず目標を持つこと。その目標は、高いところではなく、自分の身の丈にあった高さに置き、そこに向かって、一歩ずつ進んでいくことか大切だと語る母・広子さん。有森裕子さんがその目標を見つけたのは、小学校4年生のときだった。

「飛びぬけたもののなかった裕子に、陸上部の顧問の先生が『有森は一生懸命走るんだなぁ』と声を掛けてくれたそうです。それまで、ほとんど誉められることがなかった裕子にとって、とても感動した言葉だったようです。その後、中学校の運動会でも800m走で優勝し、級友に喜んでもらえ、走ることで自分の存在意義を見つけられたのだと思います」

だが、進学した中学校の陸上部は廃部寸前であったため、バスケットボール部に所属した裕子さん。そこでは、厳しい指導もあったようだが、その間も、ほとんど口出しをしなかったと父・茂夫さんは語る。

「自分で決めたことだから、自分で責任を持てとだけ言いました。あとは一切干渉せず、試合も見に行ったことがありませんでした」

良い指導者との出会い

晴れて高校生になり、陸上部に入部した裕子さん。中・長距離を専攻していたが、目立った記録はまったく無かったという。しかし、自分に妥協せず、目標に向かう裕子さんに、転機が訪れたのは、高校3年生のとき。陸上部の顧問の先生が、日本体育大学に推薦したいと言ってきた。

「優れた記録もなかったので、正直半信半疑でした。理由を伺うと、先生は『強いだけでは、スポーツはダメ。精神的な強さも必要なのです。このまま芽がでないかも知れませんが、4年間大学で走らせてあげたい』とおっしゃってくれました」(広子さん)

一度も練習をサボることなく、黙々と自分のやれることをやってきた裕子さんを、正しく見ていた人がいた。大学でも、優れた結果は出なかったが、その後リクルートに入社し、マラソンに転向した有森さんは、小出監督と共にオリンピックの舞台に立つまでに至った。

目標に向かい常に努力をし続ける。結果が出ないなかで、それを続けることは非常に難しいことだ。 彼女の本当の才能は、走ることではなく、努力を続けることができる精神力ではないだろうか。その才能を伸ばしたのが、ご両親との規則正しい生活であったことはいうまでもない。

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る