おにいちゃんの気持ち:身長を伸ばそう!スクスクのっぽくん通信簿

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

【スクスクのっぽくん通信簿】vol.347/現在の読者数12,319人
スクスクのっぽくん通信簿
1時間目
新人のつぶやき
おにいちゃんの気持ち
2時間目
お子様の成長に役立つ!
「のっぽくんQ&A」
カルシウムは、骨を強くするだけ?
2.5時間目
すくトレワンポイントレッスン
Vol.51『体幹バランス力をつけよう!【エルボー・ニー・バランス】』
3時間目
プロフェッショナルに聞く!
“生きる力”の育て方
プロゴルファー・大和笑莉奈:最終回
ゴルファーを目指す子供たちへ
「おにいちゃんの気持ち」
※今回は、新人スタッフの小林が、お届け致します!
ゲストさん、こんにちは!
スクスクのっぽくんです。

先日、私の友人が第二子を出産したので、会いにいってきました。

一人目が生まれたときにも会いに行きましたが、子供って本当に成長が早い!とつくづく思いました。

抱っこして小さい指を触って感動していたあの子が、歩き回って話しかけてくる程に成長していました。

そこで感激したことがひとつ。

言葉は話せないけれど、感情はしっかりとお兄ちゃんだったのです。

私がベビーベッドに寝ているの第二子(弟くん)を見に行くと、お兄ちゃんが近寄ってきてニコニコしながら弟くんを撫でていました。

その顔が本当に嬉しそうで、こちらまで顔がニコニコしてしまいました。

しかもこぼしたジュースを自分で拭いて、ゴミ箱へ。

みんなで褒めてあげると本当に嬉しそうでした。
こんなに小さい子でも自分がお兄ちゃんだということをわかっているんだなと感激しました。

みんなこうやって成長していくのですが、大人になると子供に対してどう接すればいいかわからなくなることがありますよね。

なぜなのでしょうか。不思議です。

しかし、この子に会って「子供の可能性を大人が決め付けてはいけない」ということを強く感じました。

言葉が話せないからこそ、一緒に笑ってあげたり、褒めてあげたり。

良くも悪くもなんでも吸収してしまう子供だからこそ、素直に育つように接してあげたいですね。

スクスクのっぽくん 担任より
「カルシウムは、骨を強くするだけ?」 カルシウムは、骨を強くするだけでなく、心臓や脳の働きを保つうえでも必要な栄養素です。

血液中のカルシウム濃度は非常に大切で、これを一定の値に保つために、骨から必要量のカルシウムを必要な分だけ取り出します。ちょうど、家計に必要なお金を銀行から引き出すようなものです。
お金と同じように、カルシウムにもどうしてもこれだけは必要というギリギリの線と、健康で文化的な生活を営むために望ましい線があります。

現代生活は予期しない出来事もストレスもあり、少しは余裕がないと安心して過ごせません。しかも加齢とともに出費が増え、やりくりが難しくなるように、腸からのカルシウムの吸収は減って、カルシウムの必要量は増加傾向にあると言えます。

50歳までに失われたカルシウムを取り戻し、骨粗鬆症を治していかなければなりません。成長期や妊娠授乳期には、1日1,000mg以上のカルシウムを摂ったほうがよいのはもちろんですが、老後に備えて中年以降は最低1日1,500mgを摂って、骨粗鬆症の進行を防ぐことが欧米を始めとする諸外国では常識になっています。

お子様と一緒に、十分なカルシウムをとる生活習慣を心がけましょう!

家族でカルシウムグミ生活♪ ⇒http://www.calciumgumi.jp/

Vol.51『体幹バランス力をつけよう!【エルボー・ニー・バランス】』 今回のエクササイズは、自分の体幹バランス力をしっかり味わえるおすすめエクササイズです。

最初はなかなかうまくバランスがとれずムキになってしまいます♪
でもムキになると力んでしまってバランスが崩れるのでご注意を。

しっかり自分の体幹を安定させることに集中してくださいね。

では、今回も張り切ってまいりましょう!!

19歳でプロテストに合格し、美女ゴルファーとして話題になっている大和笑莉奈さん。子供時代はアルペンスキーの選手として活躍していました。 プロゴルファーになるまでの道のり、両親の教育方針などを聞かせて頂きました。

大和笑莉奈さんプロフィール
1990年2月13日、山形県生まれ。
両親の影響で11歳でゴルフを始める。高校時代、東北地区の高等学校選手権で優勝。全国大会では団体優勝した。19歳でプロテストに合格。 中学校時代にはアルペンスキーの選手としても活躍し、全国大会の出場歴もある。

「ゴルファーを目指す子供たちへ」 ゴルファーを目指すお子さんが増えていると思います。そういうお子さんにアドバイスはありますか?

「目標を高いところに置いて、楽しみながらやるのが大事だと思います。そうしないと窮屈なゴルフというか、幅がなくなってしまうんですよね。目先の結果も大事なんですけど、過程も大事というか。自分の目標に向って、どれだけ意識を高く持って練習できるかが大事です。プロを目指すのなら、小さく考えないで、大きく考えて思いっきりやって欲しいです」


小さくまとまるな、ということですね。

「意識が高いほど、自然に体が頑張ろうとすると思うんです。練習も『やらなきゃ』じゃなくて、『こうなるためにやるんだ』と思うと、同じ100球打つのでも、全然成果が違いますからね」

ゴルファーになるために、子供のときにやっておいたトレーニングは?

「やっぱりスキーですね(笑)。全身の筋肉が鍛えられますから。スキーに限らず、いろんなスポーツをやった方がいいと思います。運動能力とか、体の器用さというのが、プロで上に行くためには大切になってきますので」

最後に今後の目標を教えてください。

「レギュラーツアーのトーナメントに毎週出て、できるだけ早く優勝したいです。時間がかかるかもしれないけど、目標は常に上に置いておかないと頑張れない。本当に世界を狙うくらいのつもりでやっていきたいですね」

発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ)
鎌田貴俊
★ご意見・ご感想は★
このメールに返信していただければ、私に届きます♪
身長にまつわる情報、お待ちしておりま?す。

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
%url/http:out:stop%

★【スクスクのっぽくん通信簿】のバックナンバー↓★
http://www.suku-noppo.jp/melmaga/melmaga-backnum/index.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る