日本の夏休み:身長を伸ばそう!スクスクのっぽくん通信簿

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

【スクスクのっぽくん通信簿】vol.306/現在の読者数10,481人
スクスクのっぽくん通信簿
1時間目
代表のつぶやき
日本の夏休み
2時間目
秋山先生の♪栄養マメ知識
みなさまの質問にお答えします!
Q:暑い夏、子どもにどんな飲み物を与えたらいいでしょうか?
3時間目
お子様の成長に役立つ!
「のっぽくんQ&A」
食欲があまりなく、とても少食です。身長には影響があるでしょうか?
3.5時間目
すくトレワンポイントレッスン
「vol.11 『BBスクワットで、全身をくまなく鍛えよう!』」
4時間目
プロフェッショナルに聞く!
“生きる力”の育て方
サッカーW杯日本代表・福西崇史さん:第七回
子供の教育で気をつけていること

「夏休みに、ライバルに差をつけよう!
野球、サッカーなどで、この夏レギュラーの座をつかみたい人はこちら」
日本の夏休み ゲストさん、こんにちは!
スクスクのっぽくんです。

今年の夏休みは子供といろいろな体験をすることができました。

誰もいない海で泳いだり、電灯の無い真っ暗な田んぼの中で花火をしたり、自然の中で楽しい仲間とバーベキューをしたり、山の上の大きな岩に登って景色を眺めたり。。。

それは、不便だったり、危なかったりするのですが、普段はできないことばかりの自然に触れる体験に、子供たちは大興奮でした。

でも実は自然の中で、子供がこんなにも喜んでいることを感じることが出来た私自身が一番興奮したように思います。

おそらく、自分達が子供の頃に普通に体験できたことが、少子化や、危険なことはさせない風潮、遊びの中心がゲームになったことなど、様々な環境の変化で、体験できなくなってきたことを、心のどこかで罪悪感として持っていたのかもしれません。

当たり前ですが、自分も子供も自然の生き物ですから、自然を楽しみたいという欲求は当然持っているはずです。
そして、人間は生き物であり、自然の中で生きていることを、もっと身近に感じることが必要かと思います。

今回の体験をきっかけに、子供が自然をごく普通に受け入れて、もっと楽しめるような身近なものにしていきたいと思いました。

強く楽しく生きて欲しいです。

スクスクのっぽくん 代表より
みなさまの質問にお答えします! Q:暑い夏、子どもにどんな飲み物を与えたらいいでしょうか? A:夏は水分が大切ですね。
夏になると、暑くなるのでついつい冷たい食べものや、飲み物がほしくなりますね。

口の中や喉だけですが、冷たいものをとって、一瞬でも「涼」を感じたいからかもしれません。

反対に、熱いものを食べたり飲んだりして、汗をかいたほうが、体を涼しくする効果があるかもしれません。

辛いものや熱いものを食べると、体温が上がって汗をかきます。また、気温が上がり、暑くなっても汗をかきますね。汗は、皮膚の表面から出て、その水分の蒸発を利用して体の熱を下げる働きがあります。

では質問です! 体の中で何が一番多いかご存知ですか?

筋肉や脂肪、骨のように思われますが、実は体の約60%が水分です。また、わたし達は1日に、尿や便、汗、呼吸の息の中などで、水分を約2リットル体の外に出してしまいます

そのため、その分の約2リットルは水分という形で補給をしてあげる必要があります。その上、夏はよく汗をかくので、水分が他の季節よりも体の外にでてしまうため、この時期、水分補給はかかせません。

特にお子さんと高齢者には、周りの方が意識して、「のど渇いた?何か飲む?」と声をかけてほしいです。

例えば、冷たい食べものの中にはカキ氷がありますが、そのカキ氷やジュースなどの冷たいもので「水分をとる」 ことができます。

しかし、水分以外に糖分などでカロリーをとりすぎてしまうのは気になるところです。

また、あまり冷たい飲むものばかり飲んでいると、食欲が落ちてしまい、食事がちゃんととれずに夏バテの原因になってしまうかもしれません。水分をとることは大切ですが、とりすぎも良くないですね。

水分は1日に2~3Lで、3食の食事に影響がでないように気をつけましょう。
次回は、詳しく飲み物ごとにご紹介していきましょう。

秋山里美プロフィール
管理栄養士 病態栄養専門師
数々の著書を執筆し、現在もセミナーや講演などで活躍中!

■ひとこと!
9月26日(土)子どもとお父さんの料理教室「プリン」を開催します。詳しくはこちらをご覧ください。
http://www2.odn.ne.jp/akiyama-satomi/
「現在幼稚園に通っている5歳の子どもですが、食欲があまりなく、とても少食です。身長には影響があるでしょうか?」 子どもの頃の栄養摂取は、その身長の伸びにとって非常に重要な要素となります。

ですので、仮に栄養のバランスは良いとしても、少食で量が少なすぎて身長の伸びが悪い場合、そのまま挽回しにくくなるケースもあります。

つまり、幼少期にその後の身長の伸びに必要な、身体の基礎を作るということになります。

また、幼少時に低栄養の場合、思春期を早く迎えてしまい、身長の伸びが止まる時期も早くなり、最終身長が低くなる場合もあります。このようなことから、適当な量を摂取することをお勧め致します。

ただ、食べたくないものを無理やり食べさせるのは良くありません。かえって食に対するイメージが悪くなり、食欲は減退しますので、できるだけ本人が食べたくなる状況を作って下さい。

・食事時刻や、就寝、起床時刻はだいたい決めて、一日の生活リズムを整えることで、基本的に体調を良くし、お腹を空かせる。

・外で適度に運動して食欲を増進させる。

・食事をする時の雰囲気は大切ですので、明るく、楽しく食事を摂る。

・もちろん、美味しいにこしたことはありません。(匂い、色彩の良さなども影響はあると思います。)

上記以外にも方法はいろいろとあると思います。お子さん、ご家庭にそれぞれに合った方法で、バランスよく、適度に栄養を摂取することをお勧めします。

栄養面では、食事からしっかりとバランスよく摂れることが理想的ですが、特にカルシウムなどは小腸からの吸収が悪い栄養素ですので、スクスクカルシウムなどで補うことをお勧めします。

「vol.11 『BBスクワットで、全身をくまなく鍛えよう!』」 よく耳にする言葉ですが、正しくできますか?

実は、正しいやり方を知らない人がほとんどなんです。

でも、多くの筋肉、関節を使える運動なので、全身をくまなく鍛えることができます。

スクワットは「キング・オブ・エクササイズ」といわれるくらい素晴らしいエクササイズなんですよ!

腰痛予防にもなるので、お母さんにもお勧めです。
オンラインレッスンの「BBスクワット」を見て、みんなでやってみよう♪

※「すくすくトレーニング」では、お試し体験会も実施中ですので、お気軽にご参加下さい。

2006年W杯に日本代表として出場した元サッカー選手の福西崇史さん。今年1月に現役を引退し、現在はサッカー解説者やタレントとして活躍の場を広げています。

福西さんは小学校まで体操をやられ、その異色の経歴が注目されたこともありました。

今回はその体操時代も含め、いかにして日本を代表する選手になったかなど、すくすくトレーニング所属の頼トレーナー奥野トレーナーを交えてお話を伺いました。

福西崇史さんプロフィール
1976年9月1日 愛媛県出身。181cm、77kg。 高校時代はFW(フォワード)だったが、卒業後に入団したジュビロ磐田で MF(ミッドフィルダー)にコンバートされた。当時ブラジル代表で活躍していたドゥンガに鍛えられ、ボランチ(守備的ミッドフィルダー)として急成長。 2006年ドイツW杯のアジア予選突破に貢献し、本大会でも2試合に先発した。小学生まで体操をやっていたのは有名な話。

「子供の教育で気をつけていること」 福西さんはお子さんが2人いらっしゃるそうですね。

「男の子が2人います。今10歳と6歳です」


何かスポーツをやらせているんですか?

「2人とも今はサッカーをやっているんですが、前まで水泳と体操をやらせていました。やっぱり自分の経験上、体操をやっていたのはプラスだったので。ただ、子供に何のスポーツをやれとか、続けろとか強制するつもりはありません。全て子供のしたいことをやればいいと思っています。子供たちはサッカーを優先したいから、水泳を辞めたいと言ってきたんですよ」

東京に住んでいると、外で遊ぶ場所がすくないのではないでしょうか?

「子供は家で遊ぶことが多いですね。自分は愛媛だったので、外に遊ぶところがいっぱいあったんですが。ただ、東京では友達次第だと思っているんです。これからは、どんどん友達と遊びに行かせたい。でも、それがTVゲームだったらダメ。普段家ではTVゲームをやらせないようにしています」

家にはトレーニング道具はありますか?

「リビングに、バランスボール、ストレッチポール、チューブが置いてあります。TVを見ながらやるくらいがちょうどいいですよね。子供たちも使っていますよ。現役時代はチームのトレーナーにアドバイスをもらって、トレーニングしていました。体を鍛えるトレーニングは、きちんと目標を定めてやるのが大事だと思います。」

お子さんには勉強もさせてますか?

「たとえ苦手でも、前向きにやってもらいたいと思う。勉強が嫌いなのは自分の経験からもわかりますけど(笑)、投げ出すのはダメ。ちょっとずつでもやろうよと言っています」

叱ったりすることもあるんですか?

「話を聞こうとしないときは、結構きつく叱りますね。人の話は一生懸命聞かなければいけません」

~つづく~

発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ)
鎌田貴俊
★ご意見・ご感想は★
このメールに返信していただければ、私に届きます♪
身長にまつわる情報、お待ちしておりま~す。

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
%url/http:out:stop%

★【スクスクのっぽくん通信簿】のバックナンバー↓★
http://www.suku-noppo.jp/melmaga/melmaga-backnum/index.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る