ジャパンラグビー トップリーグ選手・大畑大介さんの高校時代:スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » ジャパンラグビー トップリーグ選手・大畑大介さん » ジャパンラグビー トップリーグ選手・大畑大介さんの高校時代

プロに聞く! 大畑大介プロフィール

1975年11月11日、大阪市生まれ。 小学校2年からラグビーを始め、東海大仰星高に進学。 93年に高校日本代表に選ばれる。50メートル5秒9の俊足を武器に、京都産業大時代に日本代表入りを果たした。98年に神戸製鋼に入社し、99年ラグビーW杯に出場。その後、オーストラリアへのラグビー留学、フランス・プロリーグのモンフェランへの移籍を経て、現在、ラグビートップリーグの神戸製鋼コベルコスティーラーズに所属している。抜群の身体能力を生かして、TBSのスポーツマンNo.1決定戦で2回優勝(2001年、2003年)した。趣味は2人の娘の育児。

「常に考える練習スタイルで、力がついた。」

のっぽくん
高校時代は3年間、学級委員をやっていたそうですね。
大畑さん

「やったというか、やらされたという感じです(笑)。担任の先生がラグビー部の監督だったので、自然に『オマエがやれ』となった。その流れで、高2も、高3も学級委員をやりました。自分からやると言ったわけじゃないんですよ。もともとみんなを引っ張るタイプではないので」

大畑大介
のっぽくん
大畑選手が通っていた東海大学付属仰星高等学校は、進学校として知られていると同時に、スポーツに力を入れていることでも有名ですね。
大畑さん

「うちの高校には、テストで成績の悪い7名が、教室の一番前の列に座らせられるルールがあったんです。これを僕たちは『スペシャルシート』と呼んでいました。僕も1年生のときは、たまにそこになりましたね(笑)。自分としてはラグビーやるために高校に入ったので、最低限のことをしていればいいだろうと考えていました。進級と卒業さえできればいいと」

のっぽくん
とはいえ、スペシャルシートは、クラスの中で避けたいポジションだったのではないですか?
大畑さん

「そうですね。あまりよろしくない(笑)。基本的に運動部の人ばかり、そこに行くんでね。そこに入らないように、仲間と切磋琢磨していました」

のっぽくん
高校時代は朝から練習でしたか?
大畑さん

「朝練はなかったです。2時間くらいかけて、遠くから来る子がいたので。放課後に2、3時間、練習がありました」

のっぽくん
練習は厳しかったんですか?
大畑さん

「高校のラグビー部は厳しいところが多いですけど、うちの場合は選手に考えさせながら練習させるスタイルでした。それがすごく良かったんです。練習量はもちろん多いですけど、そのおかげで考える力がついたと思います」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る