サッカーワールドカップ日本代表・福西崇史さんの子供時代~その2:スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » サッカーワールドカップ日本代表 福西崇史さん » サッカーワールドカップ日本代表・福西崇史さんの子供時代~その2

プロに聞く! 福西崇史プロフィール

1976年9月1日 愛媛県出身。181cm、77kg。 高校時代はFW(フォワード)だったが、卒業後に入団したジュビロ磐田でMF(ミッドフィルダー)にコンバートされた。当時ブラジル代表で活躍していたドゥンガに鍛えられ、ボランチ(守備的ミッドフィルダー)として急成長。2006年ドイツW杯のアジア予選突破に貢献し、本大会でも2試合に先発した。小学生まで体操をやっていたのは有名な話。

「体育だけでは物足りないから、外で遊ぶというくらい」

のっぽくん
小学生のときはどんな子供でしたか?
福西さん

「本当によく外で遊ぶ子供でしたね。家にTVゲームがなかったし、TVを見るのも好きではなかったので。僕は愛媛県出身なんですが、野球が盛んで、小さいときからソフトボールや野球に触れることが多かったですね。みんな体を動かすのが好きで、人数が少なかったらバスケットボールやミニサッカー、もっと集まったら野球をやるという感じでした。缶蹴りとか昔ながらの遊びも、よくやりましたよ」

福西崇史
のっぽくん
ガキ大将でしたか?
福西さん

「ガキ大将ではなかったなぁ。缶蹴りでは、特攻隊長みたいに突っ込むタイプ(笑)。かくれんぼでは、高いところに登ったり、無理なところに隠れたりしてました」

のっぽくん
食生活はどうでしたか?
福西さん

「好き嫌いがありました。当時はピーマンが苦手で。親が細かく刻んだり、いろいろと工夫してくれて、中学生のときにやっと食べれるようになりました」

のっぽくん
今、福西さんは身長が181cmありますが、子供のときから背が高かったんですか?
福西さん

「高校のときに背が伸びたんです。それまでは前から数えた方が早かったくらい。どっちかというと小さい方でした」

のっぽくん
背を伸ばすために、何か心がけたことは?
福西さん

「毎食、牛乳を飲みましたね。毎日1リットルくらい。あと、愛媛は漁業が盛んなので、魚料理が常に食卓に並んでいましたよ。小骨を取るのがめんどうなので、まるごと食べたりして(笑)」

のっぽくん
睡眠はどうでしたか?
福西さん

「僕は、どこでも寝られるタイプなんです。それが良かったのかもしれませんね。今、ここで寝ろと言われても、寝られるくらいで」

のっぽくん
子供のときの特技は?
福西さん

「基本的には体を動かすことばかりでした。体育だけでは物足りないから、外で遊ぶというくらいに。スポーツテストはいつも良かったですね」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る