第8回 村田兆治旗争奪 少年野球大会 | :スクスクのっぽくんスクスクのっぽくん
 »  » 第8回 村田兆治旗争奪 少年野球大会

スポーツ応援プログラム

スポーツ応援プログラム

日時:2015年5月2日(開会式)、5月3日(1日目)、5月4日(2日目)、5月5日(3日目・決勝)
主催:広島県三原市少年軟式野球連盟 後援:スクスクのっぽくん、三原市、三原市軟式野球連盟、三原市スポーツ少年団、全日本小学生野球交流協会、内外ゴム株式会社、有限会社豊栄堂運動具店、株式会社日刊スポーツ新聞西日本

今年で、第8回を向かえた「村田兆治旗争奪少年野球大会」。第8回もゴールデンウィークに開催となりました。更に参加チーム数は昨年同様、全国から54チーム!地元の広島県を中心に、近畿地区、中国地区、四国地区、沖縄県からもチームを迎え、選手・チーム関係者を含め2,000人以上の方が参加する大きな大会となりました。今回は途中、雨にも見舞われましたが、連日熱い試合が繰り広げれられました!

本年度の優勝チームは、「伊勢丘エイコンズ少年野球クラブ(広島県・福山市)」
準優勝は「水呑ドルフィンズ少年野球クラブ(広島県・福山市)」 、第三位は「第三位 乃木ライオンズ(島根県・松江市)」となりました!


優勝 伊勢丘エイコンズ少年野球クラブ(広島県・福山市)


準優勝:準優勝 水呑ドルフィンズ少年野球クラブ(広島県・福山市)


第三位 乃木ライオンズ(島根県・松江市)

優勝は、広島県・福山市の「伊勢丘エイコンズ少年野球クラブ」!監督・コーチ・そして応援の皆さんが一体となって、見事優勝を勝ち取りました!準優勝は、同じく広島県・福山市の「水呑ドルフィンズ少年野球クラブ」。第三位は島根県・松江市の「乃木ライオンズ」となりました。3チームとも接戦の中、素晴らしい試合を魅せてくれました♪ みなさん、おめでとうございます!!

★大会結果はこちらからご覧いただけます
大会結果PDFファイル

村田兆治旗争奪少年野球三原市大会とは

広島県・三原市で行われるこの大会は、中国・四国地区を中心に多くのチームが集まり、3日間にわたり熱戦を繰り広げる大会で、今年で8回目を迎えます。プロ野球通算215勝の実績を残した、広島県・三原市の名誉市民である村田兆治さんを中心に、少年野球の活性化を目指して大会を運営しています。

スクスクのっぽくんでは、将来社会の中で強く生き抜いていく子ども達を育てるために、スポーツに真剣に取り組む子ども達を応援する『スポーツ応援プログラム』という活動を行っておりますが、その一貫として、この『村田兆治旗争奪少年野球大会』を、毎年サポートさせて頂いております。

村田兆治(むらたちょうじ)選手について

村田 兆治(むらた ちょうじ)選手は広島県出身の元プロ野球選手(投手)・野球指導者・野球解説者。現役時代はロッテオリオンズで活躍し、そのダイナミックな投球フォームは「マサカリ投法」と呼ばれていました。
高校時代から既に球速は150キロを超え入団当時には、落合博満(おちあいひろみつ)選手がフリーバッティングを村田さんに頼んだ際、投げる1球目の直球でバットが折られ、更に気を取り直して臨んだ2球目でも、またバットが折られてしまったほど。
代名詞となっている「まさかり投法」で、通算勝利数(215勝)を達成。
最優秀防御率を勝ち取るまでになりました。

『村田兆治旗争奪少年野球大会』は、そんな広島の三原市の名誉市民でもある「村田兆治」さんの「少年野球を通した健全育成」を祈念した大会です。

スクスクのっぽくんグッズでみんなを応援!

環境省が推奨する国民運動「熱中症予防声かけプロジェクト」に賛同しているスクスクのっぽくんでは、「すぽーつ麦茶」の特設ブースを設置。大会中の水分補給のため、汗をかいた、たくさんの球児たちをサポートしました♪ また、とっても飲みやすくて美味しいと「こどもフルーツ青汁」も大好評でした♪お母さん、お父さんもゴクゴク飲んでいましたね!さらに毎年人気の「カルシウムグミ」は、みんな好きな味をパクパク食べていました。大会の優勝チームには、スクスクのっぽくんから「カルシウムグミ」と「すぽーつ麦茶」そして「こどもフルーツ青汁」が贈呈されました!

 

 

 

 

大会を終えて

開会式を含めて4日間。今まで練習してきた成果を出すべく、悔いの残らないように全ての選手が全力プレーを魅せてくれました。各チームにとっても特徴があり、プレーも様々、素早いプレーが得意なチーム、カラダは小さくても技術でカバーするチーム、足で点をとっていくチームなど、今年も様々な戦略のチームに出会いました。

試合で勝つために「どうしたら勝てるか」を選手達がそれぞれ考え、チームのメンバーで一丸となって力を合わせることの素晴らしさを、改めて皆さんに教えていただきました。

また指導面においても、監督・コーチの方々は皆真剣なので、強い口調の激励もありますが、試合に負けてしまった後は「次に活かしていくチームワークの大切さ」を、しっかりと選手のひとりひとりに伝えている姿がとても印象的でした。

今年でスクスクのっぽくんは5回目の参加になりました。子供たちが嬉しさも悔しさも経験して、その中で心身が成長し、今後もっともっと活躍される姿をこれからも応援したいと思います。ありがとうございました!

 

スポーツ大会公式サポート商品「カルシウムグミ」

カルシウムグミ

カルシウムグミは、成長期に不足しがちな「カルシウム」をはじめ、「マグネシウム」「ビタミンD」などを美味しく手軽に補うことができる栄養機能食品です。

→今なら無料でお試し!詳しくはこちらから


知ってた?スポーツキッズには「カルシウム」が大切!

成長期の栄養バランスならカルシウムグミ

スポーツをするとかいてしまう、汗。実はこの汗、水分や塩分だけでなく、成長期に大切なカルシウムも体外に出ていってしまうことをご存知でしたか?


体外にカルシウムが出てしまい、カルシウムの血中濃度が足りなくなると、身体はその濃度を一定に維持しようとし、骨などからカルシウムを取り出して補おうとします。カルシウムは汗だけでなく尿からも排出されてしまうため、毎日コツコツとカルシウムを摂取するように心がけましょう。


スポーツを頑張る皆さん、是非「カルシウムグミ」で美味しく手軽な栄養補給を行ってくださいね。(スクスクのっぽくん管理栄養士/磯村優貴恵)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子さん
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵さん
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦さん
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐さん
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る