「第12回 JOCジュニアオリンピックカップ全国エアロビック選手権大会in袋井2017」を応援!:スクスクのっぽくん
 »  » 「第12回 JOCジュニアオリンピックカップ全国エアロビック選手権大会in袋井2017」を応援!

スポーツ応援プログラム

JOCジュニアオリンピックカップを応援

全国の「スポーツに真剣に取り組む子ども達」を応援する、スクスクのっぽくん「スポーツ応援プログラム」。今年もスクスクのっぽくんでは、2017年1月29日(日)静岡県袋井市のエコパアリーナで開催された「第12回 JOCジュニアオリンピックカップ全国エアロビック選手権大会in袋井2017」をサポートいたしました。

第12回 JOCジュニアオリンピックカップ全国エアロビック選手権大会in袋井2017

第12回 JOCジュニアオリンピックカップ全国エアロビック選手権大会in袋井2017

エアロビックは「エアロビクス」から生まれた、音楽に合わせていろいろなステップ、動きを組み合わせ演技を行うスポーツです。エアロビックのその歴史は、さかのぼること1983年(昭和58年)。アメリカのカルフォルニア州マウント・ビューで初めての「エアロビック競技会」が行われ、その後、日本をはじめ、世界に広がっています。日本でも国際規模の大会が盛んに開催されており、スクスクのっぽくんでは「JOCジュニアオリンピックカップ」を応援してまいりました。

今年は袋井市立「浅羽北幼稚園」さんによる全園児63名のウェルカムデモンストレーション。そして、袋井市内のよさこい6チームで結成された「袋井チームネット」さん、さらに袋井市、森町、磐田市、掛川市のチームが融合したチームエアロビック「プリンセスメロンズ」さんも大会を盛り上げてくれました♪

第12回 JOCジュニアオリンピックカップ全国エアロビック選手権大会in袋井2017

第12回 JOCジュニアオリンピックカップ全国エアロビック選手権大会in袋井2017

第12回 JOCジュニアオリンピックカップ全国エアロビック選手権大会in袋井2017

幼稚園から大人まで、たくさんの元気いっぱいのレベルの高い演技が行われ、たくさんの素敵な笑顔に出会うことができました! スクスクのっぽくんでは、みんなの成長を応援する「カルシウムグミ」、「にこにこカルシウム」、「こどもフルーツ青汁」そして水分補給の「すぽーつ麦茶」でみんなをサポートしながら、たくさんの子どもたちに競技が広がっていくことを応援しています。

第12回 JOCジュニアオリンピックカップ2017・結果はこちら

第12回 JOCジュニアオリンピックカップ・ギャラリー

「エアロビクス」がスポーツに発展した競技エアロビック

「エアロビック」とは?

エアロビックは、アメリカのケネス・H・クーパー博士が提唱した運動処方理論「エアロビクス」を起源として、その後に派生したエアロビックダンスやエクササイズを技術的に体系化して「スポーツ」に発展したものです。近年では体操競技と同様に表現スポーツや採点スポーツに位置づけられています。1982年、アメリカの『ランナーズ・ワールド誌』の発行人ロバート・アンダーソン氏がフィットネスのエアロビクスとは一線を画した競技スタイルを創案し、カリフォルニア州マウント・ビューで初の競技会を開催しました。
2年後の1984年には日本でも「第1回全日本フィットエアロビクス・チャンピオンシップ」(現在のスズキジャパンカップ)が開催されるなど世界中に広がっていきました。現在では、世界80ヶ国で行われているといわれ、スズキワールドカップエアロビック世界大会をはじめ、国際体操連盟(FIG)のワールドチャンピオンシップ、ユニバーシアード競技大会などの国際大会も開催されるなど、オリンピック種目を目指すまでになっています。

第12回 JOCジュニアオリンピックカップ全国エアロビック選手権大会in袋井2017 情報

開催場所・会場:エコパアリーナ・メインアリーナ(静岡県袋井市愛野2300-1)
開催日・期間:1/29(日)
観覧料:無料
主催:袋井市、公益社団法人日本エアロビック連盟
主管:全国エアロビック選手権大会実行委員会
後援:総務省、スポーツ庁、公益財団法人日本オリンピック委員会、公益財団法人日本体育協会、公益財団法人日本体操協会、袋井市教育委員会、一般社団法人袋井市スポーツ協会、静岡県、静岡県教育委員会、NHK静岡放送局、静岡新聞社・静岡放送、中日新聞東海本社、静岡第一テレビ、テレビ静岡、静岡朝日テレビ、k-mix、FMHaro!
ホームページ:https://www.aerobic.or.jp/

今年もたくさんの素敵な笑顔と共に、盛大な盛り上がりを見せたJOCジュニアオリンピックカップ! スクスクのっぽくんでは、今年もみんなの成長を応援する「カルシウムグミ」、子ども野菜不足解消の新定番「こどもフルーツ青汁」に加え、みんなの水分補給を応援するオーガニック麦茶「すぽーつ麦茶」。更に幼児の栄養補給「にこにこカルシウム」で大会をサポートしました♪
スクスクのっぽくんでは、これからもエアロビックスポーツ、そして頑張るたくさんの子どもたちを応援してゆきます!

 

スポーツ大会公式サポート商品「カルシウムグミ」

カルシウムグミ

カルシウムグミは、成長期に不足しがちな「カルシウム」をはじめ、「マグネシウム」「ビタミンD」などを美味しく手軽に補うことができる栄養機能食品です。

→今なら無料でお試し!詳しくはこちらから


ご存知ですか? スポーツキッズには「カルシウム」が大切!

成長期の栄養バランスならカルシウムグミ

スポーツをするとかいてしまう、汗。実はこの汗、水分や塩分だけでなく、成長期に大切なカルシウムも体外に出ていってしまうことをご存知でしたか?


体外にカルシウムが出てしまい、カルシウムの血中濃度が足りなくなると、身体はその濃度を一定に維持しようとし、骨などからカルシウムを取り出して補おうとします。カルシウムは汗だけでなく尿からも排出されてしまうため、毎日コツコツとカルシウムを摂取するように心がけましょう。


スポーツを頑張る皆さん、是非「カルシウムグミ」で美味しく手軽な栄養補給を行ってくださいね。(スクスクのっぽくん管理栄養士/磯村優貴恵)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る