低身長治療の方法:スクスクのっぽくん
 >   >   >  低身長の治療方法
身長が伸びる仕組みを徹底検証!

「成長期に伸びる仕組み」を中心に、「成長と栄養」の関係、「成長と睡眠の関係」などなど、
スクスクのっぽくんに寄せられるご質問を紹介します。

低身長の治療方法

低身長治療で主なものを教えて下さい

低身長の原因として、ターナー症候群、軟骨異栄養症、軟骨異栄養症、プラダー・ウィリー症候群、愛情遮断等々、様々なものがあります。

それぞれ治療法は異なりますが、比較的多くの方が治療を受けるのが、成長ホルモン分泌不全性低身長症です。成長ホルモンの不足によって起こる低身長です。

10歳までの早い時期にホルモン治療を受けると治療効果が高いと言われております。

子供が順調に成長してゆくためには成長ホルモン、甲状腺ホルモン、性ホルモンなどの他に、まだよく知られていない多くの因子が必要と考えられています。

脳の下垂体と呼ばれる部位から分泌される成長ホルモンは、肝臓や腎臓、骨に働いてソマトメジンCという成長因子をつくらせ、それが骨にはたらいて、背が伸びます。

成長ホルモンの分泌不全があると徐々に平均身長から離れてゆきます。

成長ホルモン分泌不全があり、骨端線が閉じていなければ成長ホルモンを投与する治療が行われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る