背の伸びる姿勢:スクスクのっぽくん
 >   >   >  背の伸びる姿勢
身長が伸びる仕組みを徹底検証!

「成長期に伸びる仕組み」を中心に、「成長と栄養」の関係、「成長と睡眠の関係」などなど、
スクスクのっぽくんに寄せられるご質問を紹介します。

背の伸びる姿勢

背の伸びる姿勢を教えて下さい

正しい身体の使い方を通して正しい姿勢を身に付けましょう

前かがみの姿勢は、心臓や肺、脈管などを圧迫して、血液やリンパ液の流れを妨げます。さらに消化器系の内臓器官にも影響を及ぼし、消化・吸収が正常に行われないことにもつながってしまいます。普段から正しい姿勢を身につけていくことが、身長を伸ばす第一歩といっても過言ではないでしょう。

また、姿勢が悪い状態は、それだけで身長を低くしてしまっている原因になります。

猫背などの姿勢の悪さを改善するだけでも、湾曲していた分だけ、身長は何センチか戻ります。 さらに、身長は同じでも、姿勢が良い人のほうが、実際よりも身長が高く感じられる傾向があります。

よい姿勢を保つために一番重要なポイントは背骨。背骨は体を支える大事な骨格です。中でも、特に体の芯のような役割を持っているのが、背中を通っている脊柱です。

人の体は、33~35個の椎骨が積み木のように連結されており、 横から見ると直線ではなく、ゆるいS字状にカーブしています。

その椎骨と椎骨に間に椎間板と呼ばれるクッションの役割を持った板があり、このおかげで何かの衝撃があっても吸収できるようになっています。 また、この脊柱に沿って神経が通っています。

脊髄には、刺激を脳に伝える知覚神経や脳からの指令を筋肉に伝える運動神経が通っており、姿勢が悪い場合は、これらの神経が圧迫され、知覚・運動に障害がでてしまう可能性もあります。 また、視力の低下や頭痛など、様々な体調不良の原因にもつながります。

立っているとき、歩いている時、座っているとき、寝ている時の姿勢に気をつけて背が伸びる可能性、運動、勉強などの可能性も高めて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る