残暑の中、快適に眠れる方法はありますか?:スクスクのっぽくん
 >   >   >  残暑の中、快適に眠れる方法はありますか?
身長が伸びる仕組みを徹底検証!

「成長期に伸びる仕組み」を中心に、「成長と栄養」の関係、「成長と睡眠の関係」などなど、
スクスクのっぽくんに寄せられるご質問を紹介します。

残暑の中、快適に眠れる方法はありますか?

残暑の中、快適に眠れる方法はありますか?

睡眠と体温はとても密接な関係にあります。

人は、体温が高いままだとスーッと深い眠りに入っていくことはできませんし、逆に明け方、体温が低いままだとスッキリ目覚めることはできない生体リズムを持っています。

個人差はありますが、夏の理想的な睡眠環境は、室温26℃、湿度50~60%。

室温が29℃以上になると、ほとんどの人が寝苦しさを感じます。

日中から部屋に熱がこもらないよう、換気をしたり、直射日光を遮光カーテンや簾などで遮ったりしておくとよいでしょう。

特に西日が入る部屋は、夜も室温が高いままになりやすいので注意して下さい。

また、住まいの状況によってはエアコンや扇風機を使った方がよい場合もあります。

その場合は直接体に風が当たらないように気をつけ、就寝から2~3時間くらいでOFFになるように設定すると良いでしょう。

そうすれば生体リズムに合った室温調節ができ、「成長ホルモン」の分泌にも重要な、前半の深い睡眠を確保できます。

明け方は、体温を上げるべき時間帯なので、エアコンは使わないほうが良いでしょう。

寝具に関しては、子供の成長と睡眠を研究し、開発された成長サポートマットEnethanをお勧めしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る