元マラソン五輪日本代表・瀬古利彦さん | :スクスクのっぽくんスクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » 元マラソン五輪日本代表・瀬古利彦さん

プロに聞く! 瀬古利彦プロフィール

1956年、三重県桑名市生まれ。早稲田大学教育学部在籍中、中村清監督の指導のもと箱根駅伝で2年連続区間新を記録。その後、マラソンでは福岡国際3連覇やボストン、ロンドン、シカゴを制するなど、輝かしい実績を残す。現役時代は国内外のマラソンで戦績15戦10勝。引退後はエスビー食品監督、早稲田大学競走部コーチなどを歴任。2013年4月より、DeNA ランニングクラブの総監督を務めている。

日本を代表する中長距離の元ランナーであり、現在は現役選手たちの精神的な要として指導も行っている瀬古利彦さん。「野山や河原などの大自然を相手に、一日中外で遊び回っているような子どもだった」という瀬古さんですが、実はその頃の生活習慣がアスリートとしての活躍の土台になっていたと言います。そこで今回は、瀬古さんの幼少期から現役時代までを振り返っていただきながら、その子どもを育てるヒントについてお話を伺いました。

プロの子供時代がまるわかり!のっぽくんの一問一答!

プロの子供時代がまるわかり!のっぽくんの一問一答!

*子供の頃の瀬古さんは、どんな子どもだったんですか?
いわゆる、近所の子どもたちのガキ大将(笑)。いつも仲間たちを引き連れて、家の近くの山や川を駆け回るような元気な子どもでした。そのときの岩場や砂場で遊んでいた経験が後の陸上競技の体作りの基礎になっていると思います。
*瀬古さんのご両親はどんな人?
父は体が弱く、家で寝ていることが多かったですが、逆に母はとても健康的な人でした。ふたりとも子どもたちにはとても優しく、その上夫婦仲も良かったと思います。ケンカをしているところは今まで一度も見たことがありません。
*小さい頃はどんな食事をしていましたか?
家で野菜を自家栽培していたこともあり、いつも新鮮な野菜が食卓に並んでいました。その他のおかずも、母が山や川から取ってきた自然の材料を使ったものばかりだったので、とてもバランスの摂れた食事をしていたと思います。

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る