バスケットボール日本代表 渡嘉敷来夢選手 | :スクスクのっぽくんスクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » バスケットボール日本代表 渡嘉敷来夢選手

プロに聞く! プロフィール

渡嘉敷来夢
1991年埼玉県生まれ。Wリーグ・JX-ENEOSサンフラワーズ所属。中学生でバスケットボールをはじめ、その後名門・桜花学園高校に進学。 ‘08年には史上最年少の16歳で北京五輪代表候補に選出。‘10年、JX日鉱日石エネルギーに入社。‘13年、日本代表としてアジア選手権で43年ぶりの優勝に貢献。大会MVP、ベスト5に選出された。

昨年11月、バンコクで開催された女子バスケットボールのアジア選手権で、43年ぶりの優勝に貢献し、大会MVP、ベスト5に選出された渡嘉敷来夢さん。所属するWリーグのJX-ENEOSサンフラワーズでも大活躍!まさに、現在の日本の女子バスケ界を牽引する選手のおひとりです!そんな渡嘉敷さんですが、実は小さい頃、お兄様の影響で様々なスポーツをやっていた経験があったのだとか。彼女とスポーツの関係について、お話を伺いました!

プロの子供時代がまるわかり!のっぽくんの一問一答!

プロの子供時代がまるわかり!のっぽくんの一問一答!

*子供の頃の渡嘉敷さんは、どんな子どもだったんですか?
渡嘉敷さん「とにかく、お兄ちゃん子! 2つ上の兄がどこかに遊びに行くたび、その後ろをついて行くような子どもでした。一緒に遊ぶ相手も、男の子ばっかり。学校の休み時間は、とにかく元気に外で遊び回っていましたね。」
*渡嘉敷さんがバスケットをやることになったきっかけは?
渡嘉敷さん「兄が中学校でバスケ部に入っていて、楽しそうに練習しているのを目にしたとき「私もやりたいな」と思ったのがきっかけでした。そのため、最初は勝つことよりも楽しむこと優先でバスケをやっていたような気がします。」
*身体の成長の秘訣を教えてください!
渡嘉敷ちゃん「今は体調管理のために何でも食べるようになりましたが、実は好き嫌いが多くて、小さい頃は煮魚や焼き魚をほとんど口にしませんでした。その代わり、牛乳は毎日たくさん飲んでいましたね。あとはたっぷりの睡眠です!」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る