杉山愛さんの母・杉山芙沙子さん | :スクスクのっぽくんスクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » 杉山愛さんの母・杉山芙沙子さん

プロに聞く! プロフィール

杉山芙沙子(すぎやま・ふさこ) 聖心女子大学文学部心理学科卒業。早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修了。順天堂大学大学院医学研究科/医学専攻(博士課程)在学中。(株)ベリィ・ボタン代表取締役。【チーム愛】のコーチ・チームディレクターとして世界ツアーを共に転戦。自身が校長を務めるパーム・インターナショナル・テニス・アカデミーで、現在も多くのジュニア選手を育成している。 杉山愛さん 杉山愛(すぎやま・あい) 1975年生まれ。元プロテニスプレーヤー。5歳のときにテニスを始め、15歳で日本人初の世界ジュニアランキング1位。17歳でプロに転向。WTA自己最高ランキングはシングルス8位、ダブルス1位。09年、グランドスラムシングルス連続出場62回(ギネス記録)を達成しテニスツアーから引退。

日本を代表する元プロテニスプレーヤーである娘・杉山愛さんを育て上げ、現在も多くのジュニア選手の育成に力を注いでいる杉山芙沙子さん。トップアスリートを育てる極意は、意外にも「楽に子育てをする」ことだったのだとか。その真意について、お話を伺いました!

プロの子供時代がまるわかり!のっぽくんの一問一答!

プロの子供時代がまるわかり!のっぽくんの一問一答!

*お子さんとはどのように向き合っていましたか?
「私には愛のほかに、舞という6歳下の娘もいますが、2人の子育てで何よりも大切にしていたのが「子どもは社会からの預かりもの。だから、大事に愛情深く育てる」ということでした。その一方で、彼女たちが私の子どもでなくても、先輩ママとして、先輩の女性として、一緒にご飯を食べに行ったり、どこかに遊びに行ったりできるような関係を作りたいとも思っていました。」
*子育て中に気をつけていたことは?
「子どもが何かに失敗したときは、一緒になって痛みを受け入れてあげることも大切にしましたね。たとえばテストの点数が悪かったときなどは、「あれだけ勉強したのに残念だったね」と先ずは子どもの努力を認めてあげた上で、次にどんなことをすればいいのか話してあげる。そうすることで、傷を癒せるだけでなく、次へのチャレンジにも繋がっていくのです。もちろん、子育ては絶対評価なので、ちょっとしたことでもうまくできたら、たくさん褒めてあげることも心がけましたね。」
*愛さんがトップアスリートとして成長できた秘訣は?
「やはり小さい頃からのコミュニケーションというのが大きな要因なんじゃないかと私は思うのです。コミュニケーションを取るという行為には、人の空気を読んだり、観察をしたり、何かを判断したりする力がすべて必要になってきますよね。その力はスポーツをする上で同様に求められる部分でもあるのですが、それらの能力を身につけるにはまず普段の生活の過ごし方が大切です。」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る