試合に集中するためにしていること(本橋麻里選手):スクスクのっぽくん

プロに聞く! 本橋麻理プロフィール

1986年6月10日生まれ。北海道北見市(旧常呂町)出身。 12歳のときにカーリングを始め、15歳のときにジュニア年代の全国大会で優勝。17歳で日本代表入りを果たした。『チーム青森』のメンバーとして、2006年トリノ五輪、2010年バンクーバー五輪に連続出場して、カーリングブームの火付け役に。今年8月、『チーム青森』を脱退し、地元(旧常呂町)に新チーム『ロコ・ソラーレ』を立ち上げた。NTTラーニングシステム株式会社所属。

「なるべく勝っているイメージを思い浮かべる」

のっぽくん
カーリングは「氷上のチェス」と言われるくらい、心理的な戦いも重要と言われています。やはりメンタルの乱れが出やすいスポーツなんでしょうか。
本橋選手

「そうですね。どうやって試合に臨んだら、ベストな状態で本番に臨めるのか、常に考えながらやっています」

のっぽくん
試合前はどうやって気持ちを高めているんですか?
本橋選手

「基本的にマイナスのことを考えないですね。なるべく勝っているイメージを思い浮かべる。あとはアイスに入るときに、『楽しい』っていう気持を持つようにしています。私の場合、楽しいって思えれば、今日は大丈夫だぞ、と感じられるんです」

本橋麻里選手
のっぽくん
集中させるためにやっていることはありますか? たとえば、音楽を聴くとか。
本橋選手

「音楽は聴きますね。カーリングは冷静な判断をしないといけない競技なので、なるべくリズムがおだやかなものを聴きます。私の感覚としては、曲は聴いているけれど、リズムだけが頭に流れて、歌詞は頭に一切入ってこない。重低音の一定のメトロノームみたいな感じで曲を聴いて、その中で自分に問いかけるんですよね。『今日は準備が整っているか?』って自分自身に聞いて、自分で答えを返す。次に『今緊張しているか?』と自問して、『緊張している。でもそれは集中している証拠だから』と自分で答える。試合前は、こういうセルフトークをしています」

のっぽくん
セルフトークは、テストや発表会のときに緊張してしまう子にも使えるかもしれませんね。
本橋選手

「緊張にうまく向き合うためには、『自分は緊張している』っていうのを人に伝えて、自分の弱さを認めるのが一番だと思います」

のっぽくん
もっと詳しく教えてくれますか?
本橋選手

「まわりから『緊張している?』と聞かれたら、『うん、緊張している(笑)』って冗談ぽく答えるのがいい。そして続いて、『でも緊張しているのは、それだけ集中しているってことだから』と声に出して言う。自分で声に出すのは、すごく効果がありますよ」

のっぽくん
緊張をポジティブにとらえていいわけですね。
本橋選手

「緊張するっていうことは、その試合で勝ちたいとか、何か成し遂げたいから緊張すると思うんですよ。だから、緊張は悪いものじゃない。私は緊張してもいいと思っています」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る