子ども時代のトレーニングについて(本橋麻里選手):スクスクのっぽくん

プロに聞く! 本橋麻理プロフィール

1986年6月10日生まれ。北海道北見市(旧常呂町)出身。 12歳のときにカーリングを始め、15歳のときにジュニア年代の全国大会で優勝。17歳で日本代表入りを果たした。『チーム青森』のメンバーとして、2006年トリノ五輪、2010年バンクーバー五輪に連続出場して、カーリングブームの火付け役に。今年8月、『チーム青森』を脱退し、地元(旧常呂町)に新チーム『ロコ・ソラーレ』を立ち上げた。NTTラーニングシステム株式会社所属。

「遊びの中で」

のっぽくん
トレーニングについて聞かせてください。子供時代にやっておいて良かったことは、何かありますか?
本橋選手

「どのスポーツも下半身は使うので、鍛えておいた方がいいと思うのは、やっぱり下半身ですね。私の地元(北海道の旧常呂町)では、身近に自然がいっぱいあったので、雪山で鬼ごっこをしたり遊びの中で下半身を鍛えることができました。カーリングという意味では、常呂町からはオリンピック選手がたくさん出ているので、他によそ見をせず、シンプルに競技に打ち込めたのが良かったと思います」

のっぽくん
集中できる環境があったということですね。
本橋選手

「ただし、ある程度のレベルまで行くと、もう一段階強い選手になるために、情報量の多いところに身を置くのも必要かなと思います。私は18歳で地元を離れて青森に行ったとき、いろいろと気がつくことがありました」

本橋麻里選手
のっぽくん
それにしても、すごくいい場所で子供時代を過ごされましたね。
本橋選手

「そうですね。どんなスポーツをするときも、使用料の負担があまりなく、使いたいならずっと使っていいよという環境だったので、それはすごく大きかったですね。あと、自然の中で動きまわって、人間の野性的な部分(笑)を鍛えるような環境があったと思います」

のっぽくん
もしお子さんたちにアドバイスをするとしたら?
本橋選手

「私はまだ親になっていないので、両親が私に何を言ったかを紹介しますね。両親は『自分のやりたいことをやるなら、簡単に辞めないと約束しなさい』と強く私に言いました。親として応援するけど、やるのはあなたなんだよ、と。自分のやることに責任を持て、ということを伝えたかったんだと思います」

のっぽくん
ご両親は、子供の自主性をすごく大切にしていたんですね。
本橋選手

「もし自分が親になったら、応援しながら子供に押しつけるというよりは、本人の意思でどこまで強くなるかが大事なんだ、ということを伝えたいと思っています。私の体験談で言えば、あるとき親が一歩引いて見ていることに気がついて、自分でもすごい恐怖心を感じたと同時に、なんとかしなきゃっていう責任感が芽生えた。そういうきっかけを、両親は作ってくれました」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る