本橋さんの子ども時代(本橋麻里選手):スクスクのっぽくん

プロに聞く! 本橋麻理プロフィール

1986年6月10日生まれ。北海道北見市(旧常呂町)出身。 12歳のときにカーリングを始め、15歳のときにジュニア年代の全国大会で優勝。17歳で日本代表入りを果たした。『チーム青森』のメンバーとして、2006年トリノ五輪、2010年バンクーバー五輪に連続出場して、カーリングブームの火付け役に。今年8月、『チーム青森』を脱退し、地元(旧常呂町)に新チーム『ロコ・ソラーレ』を立ち上げた。NTTラーニングシステム株式会社所属。

「子どもの時の遊び」

のっぽくん
本橋さんは北海道の旧常呂町(現北見市)の出身ですが、子供のときにどんな遊びをしていましたか?
本橋選手

「まわりが大自然なので、外をかけまわっていました。たとえば、冬になるとみんなで雪山に登って追いかけっこしていました。ひたすら雪の斜面を登ったり、降りたり。今考えると、それが足腰を鍛えるトレーニングになっていたと思います」

のっぽくん
雪山で鬼ごっことは、めちゃくちゃ大変そうですね。
本橋選手

「親からは『夕日が沈む前に帰ってきなさい』と言われていたので、それは守っていたのですが、本当に沈むぎりぎりまで遊んでいた記憶があります」

本橋麻里選手
のっぽくん
夏はどんな遊びを?
本橋選手

「常呂町には海があるので、よく泳いでいました。服のまま入るんです(笑)。で、家に帰って怒られるというのがいつものパターンで」

のっぽくん
やんちゃだったんですねぇ。
本橋選手

「相当やんちゃでした(笑)。男の子ともよく遊んでいて、幼稚園のときは男の子よりも徒競走が速かったんです。かけっこのライバルは、男子の1番速い子でした」

のっぽくん
えー、それはすごい!
本橋選手

「その男の子の目標を見たら、『本橋には負けない』って書いてあって(笑)」

のっぽくん
何のトレーニングをしていなくても速かったと?
本橋選手

「そうなんです、速かったんですよ」

のっぽくん
ご両親も足は速かったですか?
本橋選手

「父はレスリングとか柔道とか、格闘技をやっていました。あとはスピードスケート。地元にいる人なら、誰でもスピードスケートは触れる環境なので。スポーツが得意だったのは、父ゆずりなのかもしれないですね」

のっぽくん
スケートは体育の授業でやるんですか?
本橋選手

「小学校に入学すると、みんなスピードスケートの靴を買うんですよ。あとはお下がりをもらったり。で、小1のときから授業でやるんですね」

のっぽくん
小学校では陸上部だったそうですが、きっかけは?
本橋選手

「足が速いねとか、ジャンプ力あるねと褒められながら育っていたので、自然と陸上に出会い、小4のときに陸上部に入りました。まわりの仲のいい友達が入部したのも大きかったです。幅跳びと高飛びの選手として、全北海道大会に出場しました」

のっぽくん
足が速いだけじゃなくて、跳躍力もあったんですね。
本橋選手

「最終的に行きついたのは、そこでした。顧問の先生がやりたいものにチャレンジしていいよと言われていたので、一通り全部やったのですが、結局、飛んでいる方が楽しいなって思ったんです(笑)」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る