青島広志先生にママたちの疑問にお答え頂きました!(青島広志先生):スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » 音楽家 青島広志先生 » 青島広志先生にママたちの疑問にお答え頂きました!

プロに聞く! 青島広志プロフィール

1955年生まれ。東京芸術大学大学院作曲科を首席で修了。 作曲家として数多くの作品を残すほか、指揮、演出、ピアノ演奏などの分野でも活躍。イラストレーターとしても、音楽書の表紙や挿絵など多くの作品を手がける。テレビでは「世界一受けたい授業」などに講師として出演している。

「青島広志先生にお聞きしました」

インタビューの最後に、コンサートの楽しみ方や子どもの習い事など、音楽にまつわる様々な疑問を青島広志先生にお聞きした内容をご紹介致します。

のっぽくん
Q1:子どもと一緒にコンサートに行ってみたいのですが、どんな演目がおススメですか?
青島先生

A:ミュージカルやバレエなど、物語や動きのある作品がおススメです。「ヘンゼルとグレーテル」や「白鳥の湖」など、絵本になっている作品だと、子どもも楽しめますよ。

青島広志先生
のっぽくん
Q2:クラシックコンサートに行ってみたいのですが、子どもは退屈してしまいませんか?
青島先生

A:まずは、上演中におしゃべりしても問題のない、ファミリーコンサートに行かれてはいかがでしょうか。お母さんが隣で、『ほら、王子様が出てきた』とか、『あの衣装すてきね』など、常に話しかけてあげていると、子どもも興味を持って見ることができますよ。

のっぽくん
Q3:演奏中に、子どもに話しかけてあげる際のポイントを教えて下さい。
青島先生

A:こまめな解説がポイントです。上演前にストーリーをまとめて教えても、子どもは忘れちゃいますから、上演中もずっと解説してあげましょう。オーケストラの演奏会など、視覚的に動きのない演目の時は、演奏中に私はよく解説の絵などを出しちゃいますよ。

のっぽくん
Q4:子どもにピアノを習わせようと思うのですが。
青島先生

A:すべてのお子さんが音楽に興味を持つとは限りません。やらせてみて嫌がる場合は、その子に向いていないと私は思います。ただ、一回だけでは判断できないので、二回くらいはやらせてあげるといいと思います。

のっぽくん
Q5:子どもがピアノを辞めたいと言い出しました。
青島先生

A:音楽をやっていくと必ずどこかで挫折をする時がきます。難しい曲があると辞めたいと思うわけです。そんな時は、一度休ませてあげたらいいと思います。やる気があれば、三日か四日、一週間もすれば自分から必ず戻ってきます。多くの演奏家が皆そうでしたから。

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る