お母さんは、演奏中に子どもに話しかけてあげて(青島広志先生):スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » 音楽家 青島広志先生 » お母さんは、演奏中に子どもに話しかけてあげて

プロに聞く! 青島広志プロフィール

1955年生まれ。東京芸術大学大学院作曲科を首席で修了。 作曲家として数多くの作品を残すほか、指揮、演出、ピアノ演奏などの分野でも活躍。イラストレーターとしても、音楽書の表紙や挿絵など多くの作品を手がける。テレビでは「世界一受けたい授業」などに講師として出演している。

「まずはファミリーコンサート」

のっぽくん
クラシックコンサートというと、格式が高いイメージがあります。
子どもに“生の演奏”を聴かせてあげたいと思っていても、なかなか聴きに行けないのですが。
青島先生

「それなら、まずはファミリーコンサートのような、親子向けの演奏会に行かれたらいかがでしょうか。私は、子ども向けのファミリーコンサートなどはシンとして聴くものではないと思っています。むしろ、お母さんは常にお子さんの横で曲や舞台の解説をしてあげてほしい。子どもは黙って聴いていることが難しいので、常に話しかけてあげることが必要です。『ほら今王子が出てきた!』『今怪獣と戦っているよ。どっちが勝ってる?』など。ぜひ舞台を見ながらお子さんに話しかけてあげて下さい。『衣装が綺麗ね』でもいいと思います。」

青島広志先生
のっぽくん
演奏中に話しても良いとは目からウロコです! くしゃみや咳をするのもダメなんだと思っていました(笑)。 では、最初はどんな曲を聴きに行けばよいのでしょうか。
青島先生

「いきなり本格的なクラシックを聴かせるよりは、まずは物語があるものや視覚に訴えるような公演がよいと思います。例えば、オペラやミュージカルやバレエ。お芝居と歌と踊りがあって、衣装や舞台装置もある。見どころがたくさんあるので、子どもも楽しめると思いますよ。 具体的には、オペラであれば『ヘンゼルとグレーテル』、またバレエであれば『白鳥の湖』などがおススメです。」

のっぽくん
子どももよく知っている物語なら、事前に絵本などでストーリーを確認しておけますし、親子で気軽に楽しめそうですね。

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る