小学校時代は頭1つくらい同じ学年の子より大きかったです。(青島健太さん):スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » スポーツジャーナリスト・青島健太さん » 小学校時代は頭1つくらい同じ学年の子より大きかったです。

プロに聞く! 青島健太プロフィール

埼玉県の春日部高校から慶応大学へ進学。東芝の実業団チームを経て、1984年のドラフト会議でヤクルト・スワローズに入団。1985 年5月11日の阪神戦(神宮)で、プロ野球史上20人目となる公式戦初打席初本塁打を放った。1989年に引退し、オーストラリアへの留学を経験したあと、スポーツジャーナリストに転向。これまでにNHKの「BSスポーツニュース」やTBS系の「JNNスポーツ&ニュース」のキャスターを務めた。

「大柄だった子供時代」

のっぽくん
青島さんは身長が182cmありますが、子供の頃から背が高かったんですか?
青島さん

「大きかったですね。同級生と比べて、異常に背が高かったですね(笑)」

青島健太
のっぽくん
どれくらいだったんですか?
青島さん

「小学校入学時に、140センチ以上ありましたからね。小学校卒業のときには、172センチ。で、中学を卒業するときに180センチになっていて、それから高校で2、3センチ伸びました。わりと早熟だったんですね。小学校時代は頭1つくらい同じ学年の子より大きかったです」

のっぽくん
ご両親も背が高かったんですか?
青島さん

「父親は172センチです。昭和一桁生まれにしたら、大きいほうじゃないでしょうか。ただ、背が高い家系だったのは母親方ですね。母親は163センチで、昔の女の人からすると大きいですよね。母親のお兄さんたちも、みんな体格がいい。おおむね、なにかしらのスポーツで活躍したような人たちばかりでした。で、何と言っても背が高かったのが、母方の祖父。明治生まれなんですが、180センチもありました。それが隔世遺伝したのかもしれません」

のっぽくん
遺伝もあると思いますが、生活習慣もよい方向に働いたのかもしれませんね。母方のご親戚は、どんなスポーツで活躍された方がいたんですか?
青島さん

「おじいさんは郷土史をまとめた本を出しているんですが、その中に『自分は新潟で初めてキャッチボールをした男』と書いているんです。ちょっと、眉唾なんですが(笑)。あと祖父は馬が好きで、馬で学校に通っていたそうです。今じゃあり得ないですよね。あと母親のお兄さんたちは、柔道家が多いです。警察で柔道を教えている師範とか。厳しい人ばかりで、新潟の田舎に帰るときはいつも緊張感がありました(笑)」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る