女子プロリーグに入るために、アメリカ行きを決断。:スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » サッカー日本女子代表・宮間あやさん » 女子プロリーグに入るために、アメリカ行きを決断。

プロに聞く! 宮間あやプロフィール

1985年1月28日、千葉県大網白里町出身。 小学校1年生のとき、父が作ったチームでサッカーを始める。中学・高校時代は片道3時間半かけて名門、日テレ・ベレーザの練習に通って、MFとしてのテクニックを磨いた。高校卒業後、岡山湯郷ベレに入団。2008年、北京五輪にサッカー日本女子代表の中心選手として出場し、ベスト4に貢献した。2009年にアメリカ女子プロリーグのロサンゼルス・ソルに移籍してアシスト王に。

「アメリカ行きの決断」

のっぽくん
自分がプロサッカー選手になると考えたのは、いつからですか?
宮間さん

「アメリカの女子プロリーグに入るまでは、考えたことがなかったです。高校卒業後、なでしこリーグの岡山湯郷ベレに入団しましたが、朝8時半から午後3時まで働いて、それからサッカーをしていましたからね」

宮間あや
のっぽくん
その岡山時代は、どんな仕事をされていたんですか?
宮間さん

「選手はいろいろな職場に振り分けられるんですけど、私は市役所のスポーツ振興課に配属されて、書類を作ったり、いわゆる事務職をしていました。公務員ではないんですが、彼らのお手伝いをするような仕事でした。あと、グラウンドにスポーツ振興課があったので、グラウンドのライン引きとかもやっていましたよ」

のっぽくん
アメリカ女子プロリーグのロサンゼルス・ソルからオファーを受けたときは、すぐに決断したんですか?
宮間さん

「いや、最初は全く行く気はなかったです」

のっぽくん
そうなんですか!?
宮間さん

「突然のことなので、自分自身もびっくりしちゃって。全然、身近に感じられなかったんですよね」

のっぽくん
どれくらいで決断したんですか?
宮間さん

「1ヵ月くらいです。どうしようかなぁと悩み続けて、いい加減答えを出さなきゃいけないときに、『行こう!』と思って(笑)」

のっぽくん
海外生活は初めてでしたか?
宮間さん

「いや、中学校3年生のときに、アメリカのヒューストンに1週間、ホームステイしたんです。そのちょっと前に日本U16女子代表の遠征でヒューストンに行ったら、『ちょっとおいでよ』となりまして。そのときの経験が、サッカー選手としてアメリカに行ったときも生きたと思います」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る