中学生のときは、夜12時に寝て、朝7時半くらいに起きてました。:スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » サッカー日本女子代表・宮間あやさん » 中学生のときは、夜12時に寝て、朝7時半くらいに起きてました。

プロに聞く! 宮間あやプロフィール

1985年1月28日、千葉県大網白里町出身。 小学校1年生のとき、父が作ったチームでサッカーを始める。中学・高校時代は片道3時間半かけて名門、日テレ・ベレーザの練習に通って、MFとしてのテクニックを磨いた。高校卒業後、岡山湯郷ベレに入団。2008年、北京五輪にサッカー日本女子代表の中心選手として出場し、ベスト4に貢献した。2009年にアメリカ女子プロリーグのロサンゼルス・ソルに移籍してアシスト王に。

「睡眠について」

のっぽくん
子供のときは何時間くらいに寝ていましたか?
宮間さん

「中学生のときは、夜12時に寝て、朝7時半くらいに起きてましたね。あと、授業中にもよく寝ていたと思います。メニーナに3時間半かけて通っているときは、電車の中でも寝てましたね」

宮間あや
のっぽくん
全部まとめると、結構寝ていたことになりますね。
宮間さん

「けれど、深夜にやっているサッカーが見たくて、夜更かししたこともありました。特に1998年のフランス・ワールドカップのときは、かなり起きていましたよ」

のっぽくん
サッカー中心の生活リズムだったんですね。試合前日は、よく眠れますか?
宮間さん

「子供のときは試合前日に眠れないこともあったんですが、大人になってからはよく眠れるようになりました。サッカー女子の日本代表では、2人部屋なんですが、全く気にならずに寝られます」

のっぽくん
寝る前に、「次の日はこうプレーしよう」って考えることはありますか?
宮間さん

「それはありますね。すると、ドクドクドクって鼓動が大きくなって、疲れて寝られるんですよ(笑)。ゴールキックとかからイメージするんですけど、すごいドキドキして、あ~疲れたって(笑)。これが早く寝る秘訣です」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る