技術をレベルアップさせるため、片道3時間半のクラブチームへ通った。:スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » サッカー日本女子代表・宮間あやさん » 技術をレベルアップさせるため、片道3時間半のクラブチームへ通った。

プロに聞く! 宮間あやプロフィール

1985年1月28日、千葉県大網白里町出身。 小学校1年生のとき、父が作ったチームでサッカーを始める。中学・高校時代は片道3時間半かけて名門、日テレ・ベレーザの練習に通って、MFとしてのテクニックを磨いた。高校卒業後、岡山湯郷ベレに入団。2008年、北京五輪にサッカー日本女子代表の中心選手として出場し、ベスト4に貢献した。2009年にアメリカ女子プロリーグのロサンゼルス・ソルに移籍してアシスト王に。

「メニーナへの入団」

のっぽくん
宮間選手は中2から、女子の名門チーム、読売メニーナ(現日テレ・メニーナ)に入団しましたね?
宮間さん

「私はずっと父のチームでプレーしていたんですが、男の子がみんな卒業しちゃった。そのタイミングで、メニーナに入団しました」

宮間あやさん
のっぽくん
宮間選手は千葉県大網白里町に住んでいたので、メニーナがある東京都稲城市までは電車で片道3時間半かかったそうですね。
宮間さん

「そうなんですよ(笑)。学校を早退して、母に自宅近くの駅まで送ってもらって、そこから3時間半かけて通っていました。で、練習が終わったら、また3時間半かけて戻ってくる。今考えると、ありえない生活ですよね」

のっぽくん
メニーナに入って、サッカーのレベルはどうでしたか?
宮間さん

「上手な人ばかりでした。でも、負けたくなかったし、自分が決めたことを投げ出すのが嫌だったので、必死になって通いました。高校に入ってからは、日テレ・ベレーザに昇格したんですが、練習時間が遅くなって、家に帰るのはいつも終電という生活でした」

のっぽくん
その経験から得たものはありましたか?
宮間さん

「食事や睡眠のことを考えたら、かなり大変だったんですが、やっぱりこの経験を通してサッカー面でレベルアップできたと思います」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る