給食は必ずお代わりしていました。人の1.5倍から2倍は食べていた。:スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » サッカー日本女子代表・宮間あやさん » 給食は必ずお代わりしていました。人の1.5倍から2倍は食べていた。

プロに聞く! 宮間あやプロフィール

1985年1月28日、千葉県大網白里町出身。 小学校1年生のとき、父が作ったチームでサッカーを始める。中学・高校時代は片道3時間半かけて名門、日テレ・ベレーザの練習に通って、MFとしてのテクニックを磨いた。高校卒業後、岡山湯郷ベレに入団。2008年、北京五輪にサッカー日本女子代表の中心選手として出場し、ベスト4に貢献した。2009年にアメリカ女子プロリーグのロサンゼルス・ソルに移籍してアシスト王に。

「子供時代の食事」

のっぽくん
子供のときに、食事でこだわっていたことはありますか?
宮間さん

「千葉県で生まれ育って、すぐ近くに海があったので、おやつに煮干しを食べていました。まあ、正直に言えば、父に食べさせられていたんです(笑)。あと牛乳もたくさん飲みました」

宮間あや
のっぽくん
食べる量は多かったですか?
宮間さん

「給食は必ずお代わりしていましたね。あと、いらないって言った人のを、もらったり。人の1.5倍から2倍は食べていたんじゃないかな」

のっぽくん
嫌いなものはありましたか?
宮間さん

「野菜ですね。ただ、サッカーのことを考えたら、野菜も食べなきゃいけないとわかって、小学校5年生くらいからは頑張って食べるようになりました」

のっぽくん
プロになってからは、何か気をつけていますか?
宮間さん

「本当は意識すべきなのかもしれませんが、私はあまり気にしないようにしています。その時体が欲しがる好きなものを好きなだけ食べるのが一番いいと思っています」

のっぽくん
好きなものっていうのはどんなものですか?
宮間さん

「例えば・・・ラーメン。私、ラーメンが好きなんです(笑)。あとは炭水化物が好きですね。」

のっぽくん
今、宮間選手はアメリカに住んでいますが、食事で困ることはありますか?
宮間さん

「最初は大変だろうなと思っていたんですが、実際に行ってみたら、アメリカの食事もおいしかった。問題ないですね」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る