全国大会に出場し、自分も上手くなりたいと思った(大和笑莉奈さん):スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » プロゴルファー・大和笑莉奈さん » 全国大会に出場し、自分も上手くなりたいと思った

プロに聞く! 大和笑莉奈プロフィール

両親の影響で11歳でゴルフを始める。高校時代、東北地区の高等学校選手権で優勝。全国大会では団体優勝した。19歳でプロテストに合格。中学校時代にはアルペンスキーの選手としても活躍し、全国大会の出場歴もある。

「プロを初めて意識した瞬間」

のっぽくん
中学2年生まではスキー中心の生活だったのに、なぜゴルフを本格的にやろうと思ったんですか?
大和さん

「うーん、自分でもよく覚えてないのですが、自分で決めたというよりは、どちらかというと親の勧めが大きかったと思います」

大和笑莉奈
株式会社クロスビー提供
のっぽくん
プロゴルファーになるのを、初めて意識したのはいつでしたか?
大和さん

「東北地方の中学生年代の大会に出たんですよ。そうしたら同じ場所で高校生年代の大会もやっていて、東北地区の有名な選手がずらりと集まっていたんですね。そういう選手たちの姿を見て、すごく影響されました」

のっぽくん
刺激を受けたんですね。
大和さん

「さらに中学校のときに、1度全国大会に行ったんです。そこで自分も上手くなりたいという気持ちが一段と強くなって、名門ゴルフ部がある東北高校に行きたいと思うようになりました。それで中学卒業後に、(仙台にある)東北高校に進学したんです」

のっぽくん
名門高校のトレーニングは、厳しかったですか?
大和さん

「厳しかったというか、練習時間が豊富にありましたね。朝練はないんですけど、午前中に学校が終わって、夕方6時くらいまで練習していました」

のっぽくん
具体的には、どんな練習メニューをされていたんですか?
大和さん

「最初に打ちっ放しに行って、そのあと走りに行きます。で、パターとアプローチの練習を2時間くらい。それを毎日ですね」

のっぽくん
高校では入学したときから、同級生の中でトップでしたか?
大和さん

「いや、有名な子もいたので、全然トップじゃないですね。全国各地から、トップの人が集まっていました。そのおかげで意識が高くなった部分もあります」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る