バスケットボール日本代表選手・竹内公輔さんのトレーニング方法:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 竹内公輔プロフィール

1985年1月29日、大阪府吹田市出身。 身長205cm、体重98kg。 中学3年からバスケットボールを初め、洛南高校3年生のときには双子の弟・譲次とともに国体で優勝。慶応大学総合政策学部に進学し、卒業後に日本バスケットボールリーグのアイシン・シーホースとプロ契約を結んだ。大学時代から日本代表として活躍し、現在、2012年のロンドン五輪出場を目指している。

「身長が伸びた成長期と運動」

のっぽくん
成長期で身長が伸びて、運動能力がついていかなかったと言っていました。そこで、どうやってスピードアップしたのでしょう?
竹内さん

「陸上選手の本を、本屋で読んだりしました。腕の振り方をどうすればいいとか、ストライドについてです」

竹内公輔
のっぽくん
バスケットで当たり負けをしないためには、どの筋肉を鍛えるのでしょうか?
竹内さん

「下半身ですね。上半身に比べると、下半身の筋トレってキツイからあんまり好きじゃないんですけど、その分タメになるんで」

のっぽくん
今はどんなフィジカルトレーニングをやっているんですか?
竹内さん

「試合に疲れが残らない程度です。だいたい土日が試合なので、月曜日は休養して休みをとって、火曜日に下半身のトレーニングをします。下半身の方が、疲れが残りやすいですからね。水曜日は上半身をやり、木金はあまりやらず、土日に試合。そのサイクルですね」

のっぽくん
今、トレーニングではまっているものはありますか?
竹内さん

「背中です。ジャンプには背中の筋肉が重要なんですよ。ジャンプにかかわるトレーニングをやっています」

のっぽくん
今までに大きな怪我をしたことはありますか?
竹内さん

「それがないんですよ。それが一番の取り柄かな」

のっぽくん
ケアで気をつけている部分はあるのでしょうか?
竹内さん

「風呂が好きで銭湯に行くんですけど、ストレッチをよくしていますね。あとは体にいい物を摂るようにしています。疲れているなぁ、と思ったらビタミン剤を多めに呑むとか。プロになってから1試合も欠場したことがないし、それだけは取り柄ですね。実は僕は関節がすごく固いんですけど、逆にそのおかげで捻挫をしないんじゃないかって言われています」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る