バスケットボール日本代表選手・竹内公輔さんのスポーツと学問への想い:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 竹内公輔プロフィール

1985年1月29日、大阪府吹田市出身。 身長205cm、体重98kg。 中学3年からバスケットボールを初め、洛南高校3年生のときには双子の弟・譲次とともに国体で優勝。慶応大学総合政策学部に進学し、卒業後に日本バスケットボールリーグのアイシン・シーホースとプロ契約を結んだ。大学時代から日本代表として活躍し、現在、2012年のロンドン五輪出場を目指している。

「文武両道を目指した高校時代」

のっぽくん
ご両親も身長が大きいんですか?
竹内さん

「父親が180センチくらいなんですけど、おじいちゃんが190センチくらいあったと聞いています。僕が中学生くらいのときに亡くなったので、あまり記憶がないんですけど。」

竹内公輔
のっぽくん
双子の弟・譲次さんと身長が一緒ですね。
竹内さん

「僕たち、二卵性なんですよ。ガキの頃から何をやるにも競争みたいな感じで、簡単に言えばライバルみたいな存在でした」

のっぽくん
中1のとき、弟さんがバスケを始めたのに対して、竹内さんは卓球を始めたそうですね。
竹内さん

「仲のいい友達に誘われて、やってみたら卓球も面白かったので。ただ、あえて弟と違うことをやるという気持ちもあったかもしれません」

のっぽくん
そこからバスケを始めたのはなぜですか?
竹内さん

「漫画『スラムダンク』の影響です。中3のときに、バスケットボール部に入りました」

のっぽくん
高校は進学校としても知られる洛南高校に進学しました。勉強もできましたか?
竹内さん

「どうでしょう(笑)。一応、洛南は進学校だったんですけど、僕はスポーツクラスだったので。まぁ一応、定期テストや期末テストで、1位とか2位はとっていたんですけど、スポーツクラスの中でですから(笑)。ただ、かっこつけるわけじゃないですけど、文武両道みたいなものを目指していました」

のっぽくん
きっかけはあったんですか?
竹内さん

「勉強ができて、バスケもできたら、かっこいいじゃないですか。あと僕は、勉強を教えるのが好きなんですよ。スポーツクラスって、あまり勉強ができないヤツが多いんですが、そいつらもテストの点は上げようと頑張っていて、『数学教えてくれや』って言ってくる。そういう頼られるのが良かったというものあります」

のっぽくん
竹内さんは慶応大学の総合政策学部に進学されましたね。
竹内さん

「論文と面接だけだったんで。まあ、論文もいいものにしようとは思っていましたけどね」

のっぽくん
何でも凝り性なところがあるんでしょうか。
竹内さん

「僕は凝り性だと思いますね。トレーニングなども相当凝ります」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る