小学校6年生で160センチ 中学校で30センチ伸びました!!(竹内公輔さん):スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » バスケットボール日本代表選手・竹内公輔さん » 小学校6年生で160センチ 中学校で30センチ伸びました!!

プロに聞く! 竹内公輔プロフィール

1985年1月29日、大阪府吹田市出身。 身長205cm、体重98kg。 中学3年からバスケットボールを初め、洛南高校3年生のときには双子の弟・譲次とともに国体で優勝。慶応大学総合政策学部に進学し、卒業後に日本バスケットボールリーグのアイシン・シーホースとプロ契約を結んだ。大学時代から日本代表として活躍し、現在、2012年のロンドン五輪出場を目指している。

「身長が一番伸びた時期」

のっぽくん
身長が一番伸びたのは、いつでしたか?
竹内さん

「中学校くらいです。今、アイシン・シーホースのチームメイトに聞くと、小学校のときにもう背がすごく高くて、そこから変わらないという人もいるんですけど、僕はそういうタイプではなかったです。僕は中学校で30センチくらい伸びたんで」

竹内公輔
のっぽくん
小6で何センチでしたか?
竹内さん

「165センチくらいでした。背の順では、一番うしろでした。ただ、今のチームメイトの中には、小学校で180センチあったって言うヤツもいますからね」

のっぽくん
竹内さんは中学で30センチ伸びたってことは、中3の最後には・・・。
竹内さん

「190センチの後半くらいありましたね。2メートル近くあったかなぁ? 高校でもさらに伸びて、3年間伸び続けてましたね」

のっぽくん
身長が一気に高くなるときには、骨の動きがわかると言いますが、そういう感覚はありましたか?
竹内さん

「それがね、僕はなかったんですよね。伸びている時に骨の音が聞こえるとか言うじゃないですか。僕の場合、なかったです」

のっぽくん
バランスよく伸びたのかもしれませんね。
竹内さん

「ただ、中学校のときは一気に背が伸びたので、運動能力がついていかなかったですね。小学校の時にはクラスで一番足が速かったのに、中学校に入ったら、自分より遅かったヤツにどんどん抜かれていった。背は伸びているのに、運動能力がついていってなかったからだと思います」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る