バスケットボール日本代表選手・竹内公輔さんの子供時代の食生活:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 竹内公輔プロフィール

1985年1月29日、大阪府吹田市出身。 身長205cm、体重98kg。 中学3年からバスケットボールを初め、洛南高校3年生のときには双子の弟・譲次とともに国体で優勝。慶応大学総合政策学部に進学し、卒業後に日本バスケットボールリーグのアイシン・シーホースとプロ契約を結んだ。大学時代から日本代表として活躍し、現在、2012年のロンドン五輪出場を目指している。

「たくさん食べるようにしていた子供時代」

のっぽくん
竹内公輔さんは身長が205cmもあります。子供時代に好きだった物はありますか?
竹内さん

「うーん、ぱっと思いつくのは納豆ですね。納豆が大好きでした」

竹内公輔
のっぽくん
え、竹内さんは大阪ご出身なのに納豆がお好きだったんですか?
竹内さん

「それをよく言われるんですけど(笑)、違和感がなかったんですよね。子供のときから好きでした。僕はおやつ代わりに食べていたくらいで」

のっぽくん
おやつ代わりに!?
竹内さん

「ハハハ、それは少し言い過ぎました(笑)。でも、お腹が空いて、冷蔵庫開けて、納豆があったら食べるみたいな感じでしたよ」

のっぽくん
納豆はご飯と一緒に食べるのですか?
竹内さん

「それは“鉄板”(間違いのない)の組み合わせですけれど、僕はよく納豆単品で食べてました。あと味付け海苔も好きでした(笑)」

のっぽくん
ご飯の量はかなり食べる方なんですか?
竹内さん

「食べてましたねぇ。僕は線が細いんで、たくさん食べるようにしていました。最近はだいぶ減ってきたんですけど、中学校、高校あたりはすごかった」

のっぽくん
これだけ食べた! という逸話はありますか?
竹内さん

「大学1年のときに、回転寿司の食い放題に行ったんですけど、50皿くらいは食べましたね。」

のっぽくん
それはすごい(笑)。
竹内さん

「ピッタリ50皿です。最後の方はきつかったんですけど、大台に乗せようってことで頑張りました」

のっぽくん
普段から2人3人分くらいは普通に食べていらっしゃったのですか?
竹内さん

「高校の時は実家から通っていたんですけど、どんぶりみたいな皿でご飯を普通の人の3倍食べていましたよ」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る