ジャパンラグビー トップリーグ選手・大畑大介さんが一流選手になれた理由:スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » ジャパンラグビー トップリーグ選手・大畑大介さん » ラグビートップリーグ選手・大畑大介さんが一流選手になれた理由

プロに聞く! 大畑大介プロフィール

1975年11月11日、大阪市生まれ。 小学校2年からラグビーを始め、東海大仰星高に進学。 93年に高校日本代表に選ばれる。50メートル5秒9の俊足を武器に、京都産業大時代に日本代表入りを果たした。98年に神戸製鋼に入社し、99年ラグビーW杯に出場。その後、オーストラリアへのラグビー留学、フランス・プロリーグのモンフェランへの移籍を経て、現在、ラグビートップリーグの神戸製鋼コベルコスティーラーズに所属している。抜群の身体能力を生かして、TBSのスポーツマンNo.1決定戦で2回優勝(2001年、2003年)した。趣味は2人の娘の育児。

「強い気持ちでどれだけ続けられるかが一番大事だと思います。」

のっぽくん
大畑選手は日本代表として、2度ラグビーW杯に出場しました。日本ラグビー界の顔と言える存在だと思います。どうしてラグビー界のトップ選手になれたと思いますか?
大畑さん

「やめなかったから、ですね。何でもやめてしまったら終わりでしょ。まわりでやめた人はいっぱいいる。僕は20数年間ラグビーを続けているから、ここにいるわけです。才能がある人間は、いっぱいいると思うんですよ。けど、それを強い気持ちでどれだけ続けられるかが一番大事だと思います。才能があっても、努力しなければそこで終わってしまう。僕はやめなかったことが、一番の才能だと思う」

大畑大介
©神戸製鋼コベルコスティーラーズ
のっぽくん
ラグビーをやめたいときもありましたか?
大畑さん

「山ほどありました。高校時代にみんなが遊んでいるところを見たら、遊びたいと思うのが普通ですよね。大学のときも、社会人になってからも、ずっときつい練習をしてきた。節目にいろんな誘惑もあった。壁にぶつかるときも、ケガもあった。それを自分の中で消化して、乗り越えたからこそ、今の自分がある。『オレは甲子園に出たけど……』というヤツは山ほどいるじゃないですか。僕もアキレス腱を切っているけど諦めなかったから、こうやっていろんな人に発信できる立場になった」

のっぽくん
日々の練習でこだわっていることはありますか?
大畑さん

「昨日の自分に負けないこと。昨日できたことが今日できなくなるのは、すごく嫌なので。それは昨日の自分に負けたことになる。自分の中で決めている引退の基準は、今日これだけやろうというものを、次の日にまわしたとき。体調が悪い日でも、普段は1時間でできることを3時間かかろうが、自分が決めたことは絶対にやる。今を最大限に努力することを、ずっと心がけてきました」

のっぽくん
高校時代は、上履きに「目指せ、高校日本代表!」とマジックで書いていたそうですね。
大畑さん

「勝負しようと思ったら、その世界で一番になりたい。普段から『常に自分が一番だよ』と、まわりに言い続けることが大事だと思っています。言わなきゃ実現しないと思うんでね」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る