ジャパンラグビー トップリーグ選手・大畑大介さんと上原選手:スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » ジャパンラグビー トップリーグ選手・大畑大介さん » ジャパンラグビー トップリーグ選手・大畑大介さんと上原選手

プロに聞く! 大畑大介プロフィール

1975年11月11日、大阪市生まれ。 小学校2年からラグビーを始め、東海大仰星高に進学。 93年に高校日本代表に選ばれる。50メートル5秒9の俊足を武器に、京都産業大時代に日本代表入りを果たした。98年に神戸製鋼に入社し、99年ラグビーW杯に出場。その後、オーストラリアへのラグビー留学、フランス・プロリーグのモンフェランへの移籍を経て、現在、ラグビートップリーグの神戸製鋼コベルコスティーラーズに所属している。抜群の身体能力を生かして、TBSのスポーツマンNo.1決定戦で2回優勝(2001年、2003年)した。趣味は2人の娘の育児。

「クラスメイトは鼻が高いんじゃないかな(笑)」

のっぽくん
高1のときのクラスに、のちの野球界で活躍する上原浩治さん(ボルチモア・オリオールズ)と、建山義紀さん(北海道日本ハムファイターズ)がいたそうですね。
大畑さん

「そうなんです。上原はクラスの中で比較的勉強ができる子で、建山の方が運動能力が高いイメージでした」

大畑大介
のっぽくん
まさか2人がプロ野球選手になるとは思わなかった?
大畑さん

「建山は1年生のときからすごかったですよ。1年生なのにベンチに入って、投げている姿を見ていたので、順調にいけばすごい選手になるだろうなと思っていました」

のっぽくん
今、振り返ると不思議な感じではないですか?
大畑さん

「不思議ですねえ。3人が同じクラスだったというのが。クラスメイトは鼻が高いんじゃないかな(笑)」

のっぽくん
上原さんとは、どれくらいの仲の良さでしたか?
大畑さん

「野球部とラグビー部は、運動部の中では一番仲が良かったんですよ。よく互いの試合を応援しに行っていました。お互い練習が厳しく、休みがないのでプライベートで遊びに行くことはなかったですけど、学校の中では仲が良かったです」

のっぽくん
上原さんをライバル視するところはありましたか?
大畑さん

「僕の方はなかったですね。実は高校のとき、まだ上原はそこまでずば抜けた投手ではなかったんですよ。卒業後もどこからも声がかからず、1年浪人して大学に進学したくらいですから。飛びぬけて運動能力が高いわけでもなかった。
それが巨人で大活躍して、今では大リーグの投手。みんなの中ではまさかあそこまで行くとは、という感じです」

のっぽくん
何が優れていたと思いますか?
大畑さん

「あいつは性格的に変わったヤツだったんで。それが良かったのかな(笑)」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る