ジャパンラグビー トップリーグ選手・大畑大介さんの子供時代:スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » ジャパンラグビー トップリーグ選手・大畑大介さん » ジャパンラグビー トップリーグ選手・大畑大介さんの子供時代

プロに聞く! 大畑大介プロフィール

1975年11月11日、大阪市生まれ。 小学校2年からラグビーを始め、東海大仰星高に進学。 93年に高校日本代表に選ばれる。50メートル5秒9の俊足を武器に、京都産業大時代に日本代表入りを果たした。98年に神戸製鋼に入社し、99年ラグビーW杯に出場。その後、オーストラリアへのラグビー留学、フランス・プロリーグのモンフェランへの移籍を経て、現在、ラグビートップリーグの神戸製鋼コベルコスティーラーズに所属している。抜群の身体能力を生かして、TBSのスポーツマンNo.1決定戦で2回優勝(2001年、2003年)した。趣味は2人の娘の育児。

「自分が走れない状況でも、他の人間を生かそうと思ってやっていました。」

のっぽくん
子どものとき、足が速いのはどんな気分でしたか?
大畑さん

「正直に言うと、優越感はありましたね。どんなスポーツをするにしても足が速いと有利なので。基本的に学校で行われる体育では、常に一番だったと思います」

大畑大介
©神戸製鋼コベルコスティーラーズ
のっぽくん
運動会でも負けなしだったんではないでしょうか?
大畑さん

「運動会でも・・・ヒーローだったと思います。ずっとリレーの選手もやっていました。ただ、6年生くらいかな、成長期にともなう痛みで、全力で走れなくなってしまったんです。それが中学まで続きました」

のっぽくん
成長痛の間、ラグビーは続けられていたんですか?
大畑さん

「本当に痛くてぜんぜん走れない。それまでのようにスピードが出ないんです。それでもラグビーは続けていました。ラグビーはタイムを競う個人競技ではなく、みんなでやるチームスポーツなので、走れなくても何とかなるんです。自分が走るのがままならない状況でも、他の人間を生かそうと思ってやっていました。結果的に多くのことを学べたと思います」

のっぽくん
ご両親の教育は厳しかったでしょうか?
大畑さん

「父親がパン屋を経営していたので、子供ながらに金銭感覚が身についたと思います。あと、必ず宿題を終わらせてからでないと、遊びに行かせてくれなかった。そういう教育をしてくれたおかげで、やるべきことは最初に終わらせる習慣が身につきました。今では感謝しています」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る