日本サッカー界のご意見番・セルジオ越後さん#9:スクスクのっぽくん

プロに聞く! セルジオ越後プロフィール

1945年、ブラジル・サンパウロ市生まれの日系2世。 18歳で名門コリンチャンスとプロ契約。ブラジル代表候補に選ばれたこともある。1972年に来日し、日本リーグで活躍。子供を対象にした「サッカー教室」を全国で行い、これまで延べ50万人以上の子供たちと触れ合ってきた。TV朝日のサッカー解説者としても活躍中。

「自主性の伸ばし方」

のっぽくん
最後に子供の自主性の伸ばし方について聞かせてください。
セルジオさん

「今は電化製品やコンビニが発達して便利になり、親がそれによってできた時間を、子供の管理に使うようになってしまった。
これでは子供が小さくなってしまう。繰り返しになりますが、もっと子供を解放しなきゃ。僕は全部子供にさせています。
これは自分の家庭でもそうだし、家庭の外でも同じこと。キャンプのとき、年齢を混ぜたグループを作って、年上が面倒を見るようにする。最初に整理が終わったグループには賞品を出すと言うと、みんなが競ってきれいにします。
子供っていうのは褒められたら嬉しいし、すごい競争心を持っている。年齢別にやったら管理は楽かもしれませんが、それでは自主性は育ちません」

セルジオ越後
セルジオ越後さんとすくすくトレーニングの後藤トレーナー
のっぽくん
確かに日本の学校では管理されるだけで、子供どうしが教え合う場は少ないかもしれません。
セルジオさん

「だから、日本の子供って、教えてくれるのを待ってしまう。子供が自分から何かしようとする意識は少ない。
自主性は、自然に遊ぶ場所から生まれると思う。大人が子供を解放するところから始めなきゃ。しつこいようだけど、子供が放っておかれる時間が重要。親や先生からの雑音が多いと、教えられるのを待つ子が増えてしまう。
自分の子供には、親が今日倒れたら、お前らひとりで生きろ、という教育をしている。オレにずっと頼っていてどうすんだと。自主性が育つようにするには、言葉も環境も大事ですね」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る