日本サッカー界のご意見番・セルジオ越後さん#6:スクスクのっぽくん

プロに聞く! セルジオ越後プロフィール

1945年、ブラジル・サンパウロ市生まれの日系2世。 18歳で名門コリンチャンスとプロ契約。ブラジル代表候補に選ばれたこともある。1972年に来日し、日本リーグで活躍。子供を対象にした「サッカー教室」を全国で行い、これまで延べ50万人以上の子供たちと触れ合ってきた。TV朝日のサッカー解説者としても活躍中。

「家庭の教育で大事なこと」

のっぽくん
ここまでは主に社会教育について話をお聞きしました。では、家庭で大事なことは何だと思いますか?
セルジオさん

家庭での教育は本当に大事です。学校で授業を受けている時間と、家にいる時間、どっちが長いかを考えたら、学校ってすごく小さいものですよ。
ぜひやって欲しいのが、家族がそろって1年間の目標を立てる会議をすること。勉強をやるにしても、スポーツをやるにしても、親と子が同じ目標を持つことが大事。
たとえばサッカークラブでよくあるのが、指導者が熱心に指導しようと朝練を始め、子供もその気になっているのに、親が『そんなつもりで預けたんじゃない』となること。これでは子供が親と指導者の間で、板ばさみになってしまう。みんなが同じ方向を向かなかったら、いい人材が育つわけがない

セルジオ越後
のっぽくん
子育てしているお母さん、お父さんにアドバイスするならどんなことでしょうか?
セルジオさん

「もっと子供を放っておいて、自分たち大人の面倒を見ましょう。もっと大人が教育される時間が必要です」

のっぽくん
具体的にはどんなことでしょうか?
セルジオさん

「自分たちがいい顔をするために、子供たちを抑えることは止めましょう。まわりから文句を言われないようにするために、子供社会を犠牲にしている人が多いように思います。
子供が外で泣き出したとき、昔だったら親は泣きっぱなしにさせておいたものです。子供がかまって欲しくて泣いていることを知っているから。でも今は、まわりからの目を気にして、泣き止ませようと『あれを買ってあげるから』とか、すぐ機嫌を取ってしまう。
今は子供の方が頭が良くて、大人の扱い方をよく知っていますよ(笑)」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る