日本サッカー界のご意見番・セルジオ越後さん#3:スクスクのっぽくん

プロに聞く! セルジオ越後プロフィール

1945年、ブラジル・サンパウロ市生まれの日系2世。 18歳で名門コリンチャンスとプロ契約。ブラジル代表候補に選ばれたこともある。1972年に来日し、日本リーグで活躍。子供を対象にした「サッカー教室」を全国で行い、これまで延べ50万人以上の子供たちと触れ合ってきた。TV朝日のサッカー解説者としても活躍中。

「子供といっしょに遊べる大人になろう!」

のっぽくん
前回、セルジオさんは「日本はもっと社会教育に力を入れるべき」とおっしゃられました。そのひとつとして、もっとたくさんの親子が集まって遊ぶ場ができるといい、と提案されましたね。
セルジオさん

「日本はだんだん大人が子供と遊ばなくなってしまった。昔は、みんなで縄跳びを跳んだり、コマをまわしたりしていましたよね。それが今は、お父さんはゴルフの打ちっぱなし、お母さんはテニスやエアロビクスになってしまった。世代を超えてみんなで遊ぶ場がない

セルジオ越後
のっぽくん
どうしたら、遊びの場ができると思いますか?
セルジオさん

企画を立てることですよね。私は幼稚園対抗のサッカー大会を作りました。各幼稚園から園児チーム、親チーム、先生チームがそれぞれ出場して、3チームの合計点で総合優勝を決める。子供だけが頑張ってもだめだし、親だけが頑張ってもだめ。ここで注目して欲しいのは、園児の試合ではラインを引かずに、親がずらりとピッチを囲んで線の代わりになること。ボールが出そうになったら、親が中に蹴り返すんです。これは相当、盛り上がりますよ。『自分の子供に返したな!』とか(笑)。これだけですごく親と子のコミュニケーションになる」

のっぽくん
なるほど!それは盛り上がりそうです。セルジオさんは子供の心をつかむのがうまい印象があります。何かコツはあるんですか?
セルジオさん

子供の言葉を使えばいいんですよ。大人の言葉で話しても、難しい日本語は子供にはわからないですよね? 幸いブラジル生まれの私の日本語は、子供にはちょうどいいレベルなのかもしれません。(笑)」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る