日本サッカー界のご意見番・セルジオ越後さん#2:スクスクのっぽくん

プロに聞く! セルジオ越後プロフィール

1945年、ブラジル・サンパウロ市生まれの日系2世。 18歳で名門コリンチャンスとプロ契約。ブラジル代表候補に選ばれたこともある。1972年に来日し、日本リーグで活躍。子供を対象にした「サッカー教室」を全国で行い、これまで延べ50万人以上の子供たちと触れ合ってきた。TV朝日のサッカー解説者としても活躍中。

「ふれあいの大切さ」

のっぽくん
セルジオ越後さんはブラジルで生まれ育ち、26歳のときに日本に来ました。その後、日本サッカーのトップの世界で活躍される一方で、サッカー普及のために子供たちを対象に「サッカー教室」の活動を全国で約30年門続けられてきました。セルジオさんはサッカーのプロであると同時に、子育てのプロとも言えます。今、子育てにおいて何が大切だと思いますか?
セルジオさん

「教育というのは、3つの要素で成り立っています。家庭教育、学校教育、社会教育の3つです。この中で、今、最も危険にさらされているのはどれだと思いますか? 答えは、社会教育。日本の社会というのは、技術の発達で日々便利になっています。駅の自動改札もそうですよね。けれど、そうやって何でも便利になることで、ひとりで何でもできる世界になってしまった」

セルジオ越後
のっぽくん
引きこもりもその一例ですね。
セルジオさん

「人のふれあいが減って、社会教育は崩壊してしまったんです。たとえば、自分の子以外を怒ることができなくなったのは、大人どうしの社会が崩れてしまったから。すごく狭い教育になってしまった。これから社会教育をどうやるのか、みんなで考えていかないといけません」

のっぽくん
具体的にはどこから始めていけば、いいのでしょうか?
セルジオさん

「公園に子供を連れてお母さんが集まりますよね。そこでお母さんたちは、まわりでおしゃべりしているだけでなく、いっしょに加わって遊んでみてください。もちろん服が汚れるので、汚れてもいい格好をして行きましょう。それくらいのお子さんは、親が一緒に入って遊んで欲しい時期なんですよ。みんなが参加すれば、違う親と接する機会もできる。これこそ社会教育のひとつになります」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る