フットサル日本代表・稲葉洸太郎さんのこれからの目標:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 稲葉洸太郎プロフィール

1982年12月22日生まれ。フットサル選手。 小・中・高と名門・暁星サッカー部でプレー。高3のときに、サッカー部の仲間とフットサルのチームを設立。その後、フットサル界の強豪・ファイアーフォックスなどを経て、2007年にバルドラール浦安へ移籍。2008年には日本代表として、フットサルW杯に出場した。その華麗なプレースタイルと甘いルックスから、現在のFリーグ(フットサルのトップリーグ)で1、2を争う人気選手。

「これからの目標」

のっぽくん
フットサルのトップリーグ(Fリーグ)の2009年シーズンが、8月22日に開幕しました。このリーグでのプレー以外に、稲葉選手は子ども達にフットサルを無料で教える活動を行っていますね。
稲葉さん

「フットサルに興味を持ってくれる子ども達が増えて欲しい、と思ってクリニックの活動をしています。もっとたくさんの人がフットサルをプレーして、さらに試合を観に来てくれる人が増えてくれれば嬉しいですね」

稲葉洸太郎
のっぽくん
フットサルをやる人は確実に増えていますよね。11人対11人のサッカーは人数をそろえるのが難しいのに対して、フットサルは5人対5人なので集まりやすいという面もありますね。
稲葉さん

「そうですね。今後はそういう人に、もっと試合に足を運んでもらえるようにしたい。フットサル好きの人の中にも、まだまだFリーグの存在を知らない人がいると思うので」

のっぽくん
フットサルを観るポイントはどんなところですか?
稲葉さん

「展開の速さですね。コートがそれほど広くないので、気を抜いたら、すぐにゴールが決まります。そこが見所です。観ていて飽きないと思う」

のっぽくん
今後の目標は何でしょうか?
稲葉さん

「選手として、もっとうまくなること。それが3年後のW杯や、いろんなところにつながると思う。あとはFリーグの注目度を上げること。少し前にTVのバラエティー番組に出演したんですが、そういった活動もフットサルの人気アップにつながってくれればいい。そういう役割も担っていきたいですね」

のっぽくん
サッカーへのライバル心はありますか?
稲葉さん

「サッカーを含めて、他のスポーツには負けないぞ、という野心はありますね。一番になりたいんで。Fリーグでいい試合をして、それを観に来てもらえるような環境やきっかけをもっと作っていきたいと思っています」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る