フットサル日本代表・稲葉洸太郎さんの代表としてのプレー:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 稲葉洸太郎プロフィール

1982年12月22日生まれ。フットサル選手。 小・中・高と名門・暁星サッカー部でプレー。高3のときに、サッカー部の仲間とフットサルのチームを設立。その後、フットサル界の強豪・ファイアーフォックスなどを経て、2007年にバルドラール浦安へ移籍。2008年には日本代表として、フットサルW杯に出場した。その華麗なプレースタイルと甘いルックスから、現在のFリーグ(フットサルのトップリーグ)で1、2を争う人気選手。

「日本代表としてプレーする重み」

のっぽくん
高3でサッカー部を引退したあとに、フットサルを始めたことを前回伺いました。卒業後は具体的にはどうやって活動をされていたんですか?
稲葉さん

「大学(武蔵大学経済学部)に通いながら、サークルには入らず、暁星サッカー部のOBで作ったチームでフットサルをしていました。これと平行して、渋谷ユナイテッドというチームに助っ人で参加したりして。そうこうしているうちにステップアップして、現在のバルドラール浦安にいたったんです」

稲葉洸太郎
のっぽくん
フットサルのプロになるなんて想像つきましたか?
稲葉さん

「いや、全く想像していませんでした。フットサルのリーグができることすら、想像していませんでした(注:Fリーグは2007年に新設された)。プレーしているうちに、世間でフットサルが盛り上がってきて、いろいろな可能性が出てくるかも、と少しずつ感じたというのが正直なところです」

のっぽくん
日本代表に実際選ばれてどんなお気持ちでしたか?
稲葉さん

「重かったですね。ずっしり肩に乗っかった感じ(笑)。予選も勝たなければいけないし、君が代を歌っているときはものすごくプレッシャーを感じました。すごいところにいるな、しっかりやらなきゃ、と」

のっぽくん
2008年にはブラジルで開催されたフットサルのW杯に、日本代表として出場しました。
しかし、初戦のブラジル戦で退場になってしまいましたね……。
稲葉さん

「人生初の退場でした。それがまさかW杯の舞台で出るとは……。この試合は大会の開幕戦で、さらに開催国のブラジルとの対戦。あの雰囲気は異常でした。完全にアウェーでした」

のっぽくん
ブラジル代表は強かったですか?
(注:日本は1対12でブラジルに負けた)
稲葉さん

「差を感じましたね。全員がいろんなことできる。日本の場合、攻撃が得意だけど守備はだめ、守備は得意だけど攻撃はだめ、という選手がいっぱいいる。それがブラジルの場合、全員がパスも、シュートも、ドリブルもうまいんです」

のっぽくん
カルチャーショックを受けたんですか?
稲葉さん

「試合の途中からですね。最初は、まだ行けるんじゃないかと思って……。だんだん点差が開いてきて、やばいなと」

のっぽくん
しかし、稲葉選手は、退場から戻った試合(対キューバ)で2点も決めました。
稲葉さん

「思うところがありましたからね。悔しかったし、W杯という大舞台で点も取りたかった」

のっぽくん
この代表メンバーの中に暁星の同級生もいましたよね?
稲葉さん

「1人いました。名古屋オーシャンズのキャプテンの北原亘です。小中高とずっといっしょにやってきた大親友です。家族より長くいるんじゃないかな(笑)。その同級生が、代表でともにプレーしているんだから、不思議ですよね」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る