フットサル日本代表・稲葉洸太郎さんがフットサルと出会ったきっかけ:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 稲葉洸太郎プロフィール

1982年12月22日生まれ。フットサル選手。 小・中・高と名門・暁星サッカー部でプレー。高3のときに、サッカー部の仲間とフットサルのチームを設立。その後、フットサル界の強豪・ファイアーフォックスなどを経て、2007年にバルドラール浦安へ移籍。2008年には日本代表として、フットサルW杯に出場した。その華麗なプレースタイルと甘いルックスから、現在のFリーグ(フットサルのトップリーグ)で1、2を争う人気選手。

「フットサルと出会ったきっかけ」

のっぽくん
ここまでは子供時代の話を中心に話を聞きました。毎朝5時に起きて、サッカーに打ち込んでいたと。では、フットサルを始めたきっかけは、何だったんですか?
稲葉さん

「高3のとき、サッカー部の活動が終了して、急に暇になったんですよ。ポカーンって感じで、何をやろうかな、と。それでサッカー部の仲間たちと、『フットサルでもやってみるか』となったんです。チームの名前は、『森のくまさん』。ふざけてますよね(笑)」

稲葉洸太郎

2009(C)Bardral URAYASU F.S.

のっぽくん
サッカーは11人対11人なのに対して、フットサルは5人対5人で体育館でやるスポーツ。ボールを蹴るという点ではサッカーと似てますが、異なる点も多いですね。どんな気持ちでフットサルを?
稲葉さん

「フットサルって、民間の大会が全国にいっぱいあるんですよ。そういう大会に、賞金稼ぎみたいな感じで、同級生や後輩とチームを作って出たんです。当時は有名なチームがいくつかあって、『オレらで倒そうぜ』って気合が入っていました。最初のモチベーションはそんなものだったんですが、そうしたらいつの間にか日本代表にも呼ばれるようになって」

のっぽくん
突然フットサルの世界に入って、戸惑いはありましたか?
稲葉さん

「もちろん、かなり戸惑いはありました。『何だこのプレー』みたいな。最初、僕らはサッカー的なスタイルで、あまり動かないでフットサルをやっていたんです。個人の力で勝てると思って。でも、ある程度のところまで行ったら、勝ちきれなくなった。だから、他の強いチームを見て、あのプレーを取り入れよう、となったんです。このときは自分たちで試行錯誤して、かなり楽しかったですね」

のっぽくん
みんなが監督のようになって作り上げていったのですね。
稲葉さん

「ああでもない、こうでもない、とケンカしながらやっていました。それが2年くらい続いて、全国クラスの大会で優勝するようになった」

のっぽくん
だんだんフットサル界で噂になっていった感じですか?
稲葉さん

「そうですね。『強いチームがあるぞ、生意気なヤツらが現れたぞ』って感じで(笑)」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る