日本代表・福西崇史さんが名将から学んだこと:スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » サッカーワールドカップ日本代表 福西崇史さん » サッカーワールドカップ日本代表・福西崇史さんと名将たち

プロに聞く! 福西崇史プロフィール

1976年9月1日 愛媛県出身。181cm、77kg。 高校時代はFW(フォワード)だったが、卒業後に入団したジュビロ磐田でMF(ミッドフィルダー)にコンバートされた。当時ブラジル代表で活躍していたドゥンガに鍛えられ、ボランチ(守備的ミッドフィルダー)として急成長。2006年ドイツW杯のアジア予選突破に貢献し、本大会でも2試合に先発した。小学生まで体操をやっていたのは有名な話。

「名将から学んだこと」

のっぽくん
福西さんは今までいろんな監督と出会ってきました。日本代表ではフィリップ・トルシエ監督やジーコ監督。ジュビロ磐田では、ブラジルをW杯優勝に導いたフェリペ・スコラーリ監督など。役立つなと思ったことはありますか?
福西さん

「自分の経験で言うと、監督から褒められることが嬉しかったですね。ただし、アメとムチが大事。厳しくしてくれた方が、自分を意識してくれている、見てくれていると感じさせてくれて、褒められたときの嬉しさがより大きくなるんです。まあ、トルシエの場合は、きつすぎましたけどね(笑)」

福西崇史
様々な名将について語る福西さんと、頼トレーナー
のっぽくん
W杯優勝監督のスコラーリ監督は、チームをまとめるのがうまいことで有名でした。
福西さん

「あの人は厳しいんですが、それだけじゃなかったですね。ちゃんとやったときは褒めてくれたし、何より、スコラーリ監督は選手の好きなポジションをやらせてくれた。適材適所がうまかったんだと思います。選手の特徴を生かすのが、とてもうまかった。僕はボランチでした」

のっぽくん
スコラーリ監督は規律も厳しかったのではないですか?
福西さん

「厳しかったですね。でも、選手の気持ちを上げるのがうまかったですね。そういうことも、サッカーでは大事だと思います」

のっぽくん
ブラジルの選手は、マリーシア(ずる賢さ)という言葉をよく使います。福西さんはジュビロでドゥンガらブラジル人選手と接して、影響された部分もあるのでは?
福西さん

「そうですね。それをドゥンガ(元ブラジル代表のキャプテン。現ブラジル代表監督)に教えられましたよね。サッカーは結果を出すことが重要じゃないですか。そのためにどうするか、マリーシアはその要素のひとつなのかなと」

のっぽくん
具体的にマリーシアとはどんなことでしょうか?
福西さん

「いっぱいあります。わざと倒れるのもそうだし、時間稼ぎするのもそうだし。できればしない方がいいんでしょうけど、サッカーは結果が全てなので。ドゥンガから、いろいろ教えられました。この時間はシュートはいらないからボールをつなげとか、ボールが外に出ても相手に返すなとか。それをしなくて負けたこともあるので、僕は必要だと思っています」

のっぽくん
日本にはマリーシアが足りないと思いますか?
福西さん

「日本はマリーシアというよりも、絶対に勝つ、という気持ちが足りないと思う。マリーシアは、あくまでその手段のひとつなので。もっと日本は勝ちにこだわった方がいい。きれいなだけがサッカーじゃない。勝ったチームが強いんです」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る