サッカーワールドカップ日本代表・福西崇史さんの子供時代~その3:スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » サッカーワールドカップ日本代表 福西崇史さん » サッカーワールドカップ日本代表・福西崇史さんの子供時代~その3

プロに聞く! 福西崇史プロフィール

1976年9月1日 愛媛県出身。181cm、77kg。 高校時代はFW(フォワード)だったが、卒業後に入団したジュビロ磐田でMF(ミッドフィルダー)にコンバートされた。当時ブラジル代表で活躍していたドゥンガに鍛えられ、ボランチ(守備的ミッドフィルダー)として急成長。2006年ドイツW杯のアジア予選突破に貢献し、本大会でも2試合に先発した。小学生まで体操をやっていたのは有名な話。

「悔しさを味わって、もっと上を目指そうと思った」

のっぽくん
福西さんはサッカー選手として、日本代表にまで昇りつめ、W杯にも2回出場しました。子供のときからプロ選手になろうと思っていたんですか?
福西さん

「いや、全く考えていませんでした。まだ僕が小学校のときにはJリーグがなかったですからね。自分はサッカー界ではエリートではないですし、まさか将来、プロになるとは思っていませんでした」

福西崇史

のっぽくん
では、初めてプロを意識したのは?
福西さん

「(県立新居浜工業)高校時代ですね。高校に入ってから、愛媛選抜や四国選抜に選ばれるようになり、高いレベルの人たちといっしょにプレーする機会が出てきた。地元では結構チヤホヤされて、調子に乗っていたんですが、選抜チームに行ったら何も通用しなかった。悔しさを味わって、もっと上を目指そうと思ったんです」

のっぽくん
壁にぶつかり、それがバネになったと。
福西さん

「その経験を通して、意識が変わりました。地元の高校に戻っても、常に自分でテーマを考えて、練習に取り組みました。たとえば、あえて相手が2人いるところにドリブルしたり、スピードアップに挑戦したり。上を目指すという意識が、よりはっきりしたんです」

のっぽくん
福西さんはジュビロ磐田や日本代表ではボランチ(守備的MF)として活躍されましたが、高校時代のポジションはFWだったそうですね。
福西さん

「そうなんです。高校時代はストライカーで、ほとんど守備なんてしないタイプでした。それが磐田に入団して、わずか6ヵ月でボランチにコンバートされて……それがターニングポイントになった。もしFWを続けていたら、今頃何をしていたかわかりませんよ(笑)」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る