ハンドボール全日本代表・宮崎大輔選手の更なる挑戦:スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » ハンドボール全日本代表 宮崎大輔さん » ハンドボール全日本代表・宮崎大輔選手の更なる挑戦

プロに聞く! 宮崎大輔プロフィール

宮崎大輔 175cm、73kg 1981年 大分県大分市生まれ。 1989年 ハンドボールを始める。 1997年 大分国際情報高等学校入学。高2から2年連続でインターハイ得点王に輝く。 2000年 日本体育大学入学。 2001年 大学を休学してスペインに留学。 2003年 大学を中退して、大崎電気に入部。全日本実業団選手権の新人賞獲得。アテネ五輪予選出場。 2005年 世界選手権出場。 2006年 スポーツマNo1.決定戦で優勝。 2007年 北京五輪アジア予選に出場。 2008年 スポーツマンNo1.決定戦で優勝。北京五輪アジア予選再試合に出場。 2009年 スポーツマンNo1.決定戦で優勝。史上初の2連覇。4月にスペインのクラブの入団テストを受けるために渡欧。全日本のエースとしても活躍中。

再びスペイン挑戦を決意した理由

今年4月下旬、宮崎さんはスペインに飛び、スペインリーグのクラブの入団テストを受けられました。大学生のときにスペインでプレーしてから、2度目の挑戦になりますね。再び挑戦しようと思ったきっかけは?

「僕は今年28歳になります。よく限界はないと言われますけど、選手としての衰えもあるし、現実的にはいつか若手に譲らなければいけないときがくる。そのときになって、あれをやれば良かったと絶対に後悔したくない。僕の夢は五輪出場。五輪に行くことが、ハンドボールのメジャー化にもつながると思っています。実は父親がずっと入院しているので、日本から出ていいものか、相当悩みました。しかし、考え抜いたうえでの決断なので、もう悔いはありません。もう1度スペインに挑戦したいと思います」

宮崎大輔
スペインへの熱い思いを語る宮崎大輔選手

もう1度挑戦したいという気持ちを抑えられなくなったんですか?

「今、伸び悩んでいる自分がいて、環境を変えなきゃいけないと思ったんです。プレーが素直じゃないというか。いろいろ考えすぎてやっているところがあるんです。素直なほど、僕は伸びると思う。一生懸命できるのも、人のアドバイスに耳を傾けるのも、全て素直さが大事。それを厳しい環境に飛び込んで取り戻したい」

伸び悩みを感じているとは知らなかったです。

「対策として、良かったときのことを思い出すようにしています。たとえば最近は、小学生時代を思い出して、縄跳びをやっています。去年は会社まで自転車で通っていました。子供のときって、歩く・走る・自転車、全てやっていたじゃないですか。子供時代によく乗っていた自転車を思い出すことで、いいリズムを得られると思ったんです。いろいろ過去を振り返ってみることで、自分のことを知れるというメリットもあります。

僕は今ハンドボールで食べさせてもらっている。日本のトップの選手として、もっともっと上を狙わなければいけないと思っています」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る