ハンドボール全日本代表・宮崎大輔選手とスペイン:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 宮崎大輔プロフィール

宮崎大輔 175cm、73kg 1981年 大分県大分市生まれ。 1989年 ハンドボールを始める。 1997年 大分国際情報高等学校入学。高2から2年連続でインターハイ得点王に輝く。 2000年 日本体育大学入学。 2001年 大学を休学してスペインに留学。 2003年 大学を中退して、大崎電気に入部。全日本実業団選手権の新人賞獲得。アテネ五輪予選出場。 2005年 世界選手権出場。 2006年 スポーツマNo1.決定戦で優勝。 2007年 北京五輪アジア予選に出場。 2008年 スポーツマンNo1.決定戦で優勝。北京五輪アジア予選再試合に出場。 2009年 スポーツマンNo1.決定戦で優勝。史上初の2連覇。4月にスペインのクラブの入団テストを受けるために渡欧。全日本のエースとしても活躍中。

人生を変えた20歳のスペイン留学

宮崎さんは大学2年生のときに、2年間スペインにハンドボール留学しました。スペインでプレーした経験は、どんな影響を与えましたか?

「いろんな意味で、自分を変えてくれましたね。スペインに行く前からハンドボールの全日本には入っていたんですが、僕はビデオ係にしかすぎなかった。当時は下っ端の選手が試合のビデオを撮らなければいけなかったんですよ。それがスペインで2年間過ごしたことで、全日本の主力になることができた。スペインでプレーしたことで、ハンドボールへの考え方が変わりました。スペインの選手たちはボールへの執着心が、とにかくすごかった」

宮崎大輔

本場のハンドボールを肌で感じることができたんですね。

「決して日本人選手が通用しないというわけではないんです。しかし、日本とスペインではハンドボールへの考え方、取り組み方が全く違った。スペインのハンドボールのリーグは完全なプロですが、日本のリーグはまだアマチュア。そういう立場の違いが、すごく大きいんですよ。スペインなら自分がやらなければクビを切られるのに対して、日本は結果を出せなくても会社には残れますからね」

留学によって人間的にも大きくなったのでは?

「試合で自分のミスが多くて悩んでいるときに、スペイン人の友達がこう言ってくれたんです。

『オレだったら、たとえミスをしても、自分のプレーを貫き通す。なぜなら、監督はオマエのプレーを評価したからこそ起用しているんだ。オマエは自分のプレーを貫き、コートの外に出されたときに初めて反省すればいい』と。

他の選手にとっては当たり前かもしれないけど、これを聞いたとき目からウロコが落ちる思いだったんです。選手それぞれが自分の力を出すという考えが、普段から差になってくる。練習では自分の能力を伸ばして、ライバルに勝たなければいけない。自然と競争が激しくなって、チームのレベルが上がるんです」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る