ハンドボール全日本代表・宮崎大輔選手と睡眠:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 宮崎大輔プロフィール

宮崎大輔 175cm、73kg 1981年 大分県大分市生まれ。 1989年 ハンドボールを始める。 1997年 大分国際情報高等学校入学。高2から2年連続でインターハイ得点王に輝く。 2000年 日本体育大学入学。 2001年 大学を休学してスペインに留学。 2003年 大学を中退して、大崎電気に入部。全日本実業団選手権の新人賞獲得。アテネ五輪予選出場。 2005年 世界選手権出場。 2006年 スポーツマNo1.決定戦で優勝。 2007年 北京五輪アジア予選に出場。 2008年 スポーツマンNo1.決定戦で優勝。北京五輪アジア予選再試合に出場。 2009年 スポーツマンNo1.決定戦で優勝。史上初の2連覇。4月にスペインのクラブの入団テストを受けるために渡欧。全日本のエースとしても活躍中。

宮崎大輔さんの睡眠へのこだわり

私たちはトップアスリートの睡眠にも興味を持っています。子供のときの睡眠について教えてくれますか?

「僕はめちゃくちゃ寝る子供でしたね。夜は10時くらいに寝て、朝は7時くらいに起きるんですが、加えて昼も寝てましたから。まさに『寝る子は育つ』という感じで(笑)。けど、きちんとした睡眠には、ホルモンの分泌といったポジティブな効果があるんですよね。スポーツ選手にも何時に寝るのがいいというのがあります。夜12時を過ぎてしまうと、ホルモンの分泌が悪くなるので、なるべく早く寝るようにしています。スポーツ選手として、睡眠をすごく大切にしていますよ」

宮崎大輔
鈴木伸彦氏と対談する宮崎大輔さん

現在、何時間くらい寝るようにしていますか?

「7、8時間の目安で寝ています。あまり長く寝ていると、逆に体が痛くなってしまうんですよ。歳なんですかね(笑)」

試合前日の睡眠で気をついていることは?

「なるべく早く寝て、次の朝しっかりと体を目覚めさせて、食事を取れる状態にすること。それができれば、試合のパフォーマンスも良くなる。試合前日の睡眠は特に大切ですよ」

試合前日に寝られないこともありますか?

「ありますね。考え込んでしまうと、寝られなくなってしまう。昼間に考え込む分にはいいんですけど、夜に一瞬でも考えてしまったらアウト。TVを観るとか、違うことに意識を持っていって、寝られるようにしています。そのためにも、試合前日までにしっかり練習して、不安をなくした状態にしておかないといけない。
試合前日の夜に、1回考え始めるときりがなくなっちゃうんですよ。『こうなったら、こう動く、いやこっちかな』とか。ずっと意識がある状態になってしまう。寝られない、と思うと、余計に寝られなくなるので……」

寝られないときの自分なりの対処法は?

「僕はあえて『薄目』にすることですね。みなさんもやってみてください。ちょっと前が見えるくらいの薄目で寝ると、余計なことを意識しないんですよ。このやり方は自分で発見しました(笑)。完全につぶっちゃうといろいろ考えてしまうんですが、薄目にするといつの間にか眠くなるんです」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る