ハンドボール全日本代表・宮崎大輔選手の子供時代:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 宮崎大輔プロフィール

宮崎大輔 175cm、73kg 1981年 大分県大分市生まれ。 1989年 ハンドボールを始める。 1997年 大分国際情報高等学校入学。高2から2年連続でインターハイ得点王に輝く。 2000年 日本体育大学入学。 2001年 大学を休学してスペインに留学。 2003年 大学を中退して、大崎電気に入部。全日本実業団選手権の新人賞獲得。アテネ五輪予選出場。 2005年 世界選手権出場。 2006年 スポーツマNo1.決定戦で優勝。 2007年 北京五輪アジア予選に出場。 2008年 スポーツマンNo1.決定戦で優勝。北京五輪アジア予選再試合に出場。 2009年 スポーツマンNo1.決定戦で優勝。史上初の2連覇。4月にスペインのクラブの入団テストを受けるために渡欧。全日本のエースとしても活躍中。

よく遊び、よく食べた子供時代

どんな子供でしたか?

「1日中、外で遊んでいる子供でした。僕のオヤジは厳しくてTVゲームなんて買ってくれませんでした。だから、外で遊ぶしかなかったんですよ。ただ、学校の成績が上がったらTVゲームを買ってくれるとなって、スーパーファミコンが我が家に来たんですけど、結局僕はすぐ飽きて、1年も経たないうちに人にあげてしまいました。やっぱり外で遊ぶ方が、自分には合っていたんですね」

宮崎大輔

それだけ動いたら、食事の量も相当多かったのでは。

「そうですね。小学生のときは寿司を48皿(96貫)、中学生のときはラーメンの替え玉を13杯おかわりしたくらい(笑)。給食だけじゃ全然たりなかった。外で動いているから、ものすごいエネルギーを消費していたんでしょうね」

子供時代はどんな食事をしていましたか?

「おやつ代わりに、いりこ(煮干)と納豆を食べるのが好きでした。母親に言われたからとかではなく、本能的に自分で食べていたんですよね。不思議なもので僕の3歳半になる娘も、いりこと納豆が大好き。やっぱり親子ですね(笑)」

よく遊び、よく食べたからこそ、今の宮崎さんがあるんですね。

「動いて食べて、動いて食べての繰り返しでしたからね。それでパワーがついたし、成長できたんだと思います。だから、講演があるときには、僕は必ずこう言うんです。子供のときは、家にじっとしているのではなく、どんどん外に出て新しい発見をしたり、経験をするべきだ、と。1人で外に出るのが危ないという場合は、スポーツをやってもいい。体を動かせば、おなかがすいて、ごはんをいっぱい食べられる。それによって心も体も育つと思うんです」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る