ハンドボール全日本代表・宮崎大輔選手へのインタビュー:スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » ハンドボール全日本代表 宮崎大輔さん

プロに聞く! 宮崎大輔プロフィール

宮崎大輔 175cm、73kg 1981年 大分県大分市生まれ。 1989年 ハンドボールを始める。 1997年 大分国際情報高等学校入学。高2から2年連続でインターハイ得点王に輝く。 2000年 日本体育大学入学。 2001年 大学を休学してスペインに留学。 2003年 大学を中退して、大崎電気に入部。全日本実業団選手権の新人賞獲得。アテネ五輪予選出場。 2005年 世界選手権出場。 2006年 スポーツマNo1.決定戦で優勝。 2007年 北京五輪アジア予選に出場。 2008年 スポーツマンNo1.決定戦で優勝。北京五輪アジア予選再試合に出場。 2009年 スポーツマンNo1.決定戦で優勝。史上初の2連覇。4月にスペインのクラブの入団テストを受けるために渡欧。全日本のエースとしても活躍中。

「小学生のときは寿司を48皿(96貫)、中学生のときはラーメンの替え玉を13杯おかわりしたくらい(笑)」(宮崎大輔選手)

宮崎大輔 ハンドボールの日本代表選手として活躍するだけでなく、人気番組『スポーツマンNo.1決定戦』で史上初の2連覇を成し遂げた宮崎大輔さん。
「中東の笛」で注目された昨年1月の北京五輪・アジア予選再試合において、エースとして奮闘した姿を覚えている人も多いはず。
「走る・跳ぶ・投げる」の全ての能力に秀でたスーパーアスリートは、いかにして生まれたのか。宮崎さんがスペインに旅立つ直前、大崎電気ハンドボール部の体育館で、睡眠改善インストラクターの鈴木伸彦さんが話をうかがいました。

プロの子供時代がまるわかり!のっぽくんの一問一答!

プロの子供時代がまるわかり!のっぽくんの一問一答!

*子供時代について…
「生まれも育ちも大分です。子供のときは一日中外で遊んでいたので、本当によく食べましたよ。小学生のときは寿司を48皿(96貫)、中学生のときはラーメンの替え玉を13杯おかわりしたくらいに(笑)。おやつ代わりに食べていたのは、いりこ(煮干)と納豆です」
*スポーツマンNo.1決定戦での優勝の秘訣は…
運が良かっただけです(笑)。ただ、走ることだけは、子供のときから負けたことがなかったです。あと、オヤジから『何でも1番になれ』と言われ続けたのが良かったのかも。縄跳び大会でも、勝てないと思ったら隠れて練習し続けて、小4のときに全校で1位になりました。こういう何事にも全力で挑戦したことが、役に立っているんだと思います」
*2012年ロンドン五輪に向けて…
「五輪出場が僕の大きな夢。そうすればもっと日本でもハンドボールがメジャーになるはず。そのためにもスペインのリーグに挑戦して、自分の力を伸ばしたいです」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る